[東京 23日 ロイター] - 麻生太郎財務・金融相は23日の閣議後会見で、イタリアのタオルミーナで26日から始まる主要7カ国(G7)首脳会議では「開かれたルールに基づく自由貿易について、日本が力強いメッセージを出すことが重要だ。自由貿易が戦後の経済に与えた影響は大きい」と述べた。

国の制度融資で不正が発覚し、行政処分を受けた商工中金については「現段階では資料分析をしている。準備ができ次第、(金融庁が)立ち入り検査を行う」と述べた。

(梅川崇、和田崇彦)