[東京 23日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日24円32銭安の1万9653円96銭となり小反落した。米政治情勢の不透明感を背景に円相場が1ドル111円付近まで強含んだことを嫌気した。英国で発生した爆発事件も投資家心理を冷ました。米予算教書の公表などを控えて全般に様子見ムードが広がる中、好業績株や出遅れ銘柄の押し目買いが継続し下値は限定的だった。TOPIXはプラス圏で前場の取引を終えた。

日経平均は前場の値幅が上下約52円と狭いレンジでもみ合った。食料品、精密、サービスなどの業種が循環的に買われたが、指数を押し上げるエネルギーはなかった。市場では「基本的にはイベント待ちだが、先行きの米景気が持続するかどうか不透明な面もあり、上値は買い上がりにくい。輸出が減速すると今期企業業績の2桁増益シナリオも揺らぎかねない」(ちばぎん証券顧問の安藤富士男氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり1073銘柄に対し、値下がりが785銘柄、変わらずが156銘柄だった。