[北京 23日 ロイター] - 中国の王毅外相は、北朝鮮に対し核・ミサイル開発に関する国連安全保障理事会決議に違反する行動をこれ以上とらないよう求める声明を発表した。

中国外務省のウェブサイトに23日に声明が掲載された。

外相はまた「当事国が自制を保ち、ひとつひとつの行動に影響されないことを望む」とした。北朝鮮を巡る安保理決議の実施を続け、平和的な手段と対話を通じた問題解決を目指すよう促した。

このほか、米新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)の韓国配備問題について、韓国側の対応に「新たな変化」が見られたと指摘。「韓国が2国間関係のとげを早期に抜くことを望む」とした。

中韓関係はTHAAD配備を巡り悪化していたが、韓国の文在寅大統領の就任を受けて融和の兆しも見られるようになっている。

*内容を追加します。