ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チェーンストアエイジThe Interview

ヤオコー代表取締役社長 川野清巳
震災後はいっそう、
価格志向と提案力が求められる時代になる

チェーンストアエイジ
【第38回】 2011年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

3月11日の東日本大震災の発生から1週間後、ヤオコー(埼玉県)の川野清巳社長は各店舗に「提案型の売場に戻せ」と指示を出した。内食傾向が強まる中で、お客は食卓に変化を求めていると考えたからだ。川野社長は震災後も、ムダを嫌う「節約」トレンドは続くと見る。それでも「生活を楽しみたい」という消費者の本質は変わらない。だからこそ今後は、価格志向への対応と提案力のある食品スーパー(SM)が求められると説く。
聞き手/千田直哉(チェーンストアエイジ)

計画停電下での営業体制に苦慮 

ヤオコー代表取締役社長 川野清巳
かわの・きよみ 1948年生まれ。72年八百幸商店(現・ヤオコー)入社、74年取締役に就任。87年代表取締役専務、営業統括本部長、商品部長、ロジスティクス推進部長などを歴任後、2007年代表取締役社長に就任、09年から経営改革推進本部長を兼務。63歳。

──3月11日に発生した東日本大震災では、千葉県にあるヤオコーの店舗も被災しました。震災以降の状況はいかがでしたか。

川野 当時は震災の対応に追われましたし、各店舗はそれぞれに大変な思いで取り組みました。ただ、東北地方の他社さまの状況と比べたら当社の被害などたいしたことはなかったと思います。

 大変な震災でしたが、ここから学んだこともたくさんありました。中でもいちばん大きかったのは、今回の震災を機に今までにも増して現場の従業員がSMの仕事に使命感を持つことができたことです。従業員は、SMは地域のライフラインだと実感したと思います。

──液状化の被害が出た浦安東野店(千葉県)では、パート社員が率先して店舗の復旧作業に当たってくれたと聞きます。

川野 そうですね。これは当社が取り組んできた「個店主義」のよさが出たのかも知れません。SMはパート社員比率が高い業種ですので、その方たちが活躍してくれないと店舗は運営できません。

 私は「ヤオコーのパートナー(パート社員)さんたちは日本一モチベーションが高い」と思っています。震災後の対応が思った以上にスムーズにいった背景には、パートナーさんの支えがあったと思います。

 非常時には、ふだんのチームワークやコミュニケーションの良し悪しなど、日常のすべてが表面化します。そうした意味で、震災は結果として“踏み絵”になりました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チェーンストアエイジ

『チェーンストアエイジ』誌は、創刊40年を迎える隔週発行の流通ビジネスマン必携・必須の情報誌です。マーケティング&イノベーションにつながるビジネスヒントを満載。徹底的に現場を取材し、データにこだわることで流通業界内外において、キラリと異彩を放っています。GMS(総合スーパー)、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、専門店チェーン、インターネットリテーラーほか、卸売業、製造業など最新・最重要なニュースとデータをご提供します。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


チェーンストアエイジThe Interview

『チェーンストアエイジ』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

「チェーンストアエイジThe Interview」

⇒バックナンバー一覧