[ワシントン 23日 ロイター] - 米国防情報局(DIA)のスチュワート長官は23日、北朝鮮が米国を攻撃できる核搭載ミサイル技術の取得途上にあることは明らかという認識を示した。

議会上院公聴会で証言した。「こうした能力がいつ運用可能となるかを、予測することはほぼ不可能だが、北朝鮮政権は力を入れており、こうした能力(の実用化)が不可避となる途上にある」と述べた。