[パリ 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は23日、マイナス金利は有効な金融政策手段であり、これに関するガイダンスを変更する理由はないとの考えを示した。

専務理事はパリ・スクール・オブ・エコノミクスで開催された会議で、「マイナス金利を巡っては一部で不満も上がっているが、われわれは金融政策の全般的な有効性に明らかに寄与していると考えている」と指摘した。

その上で「マイナス金利の二次的影響に関するわれわれの分析は、ガイダンスを変更すべき理由がないことを示唆している」とした。