デノン

 マランツは5月23日、ネットワークCDレシーバー「M-CR611」のブラックモデルを発表した。6月上旬発売予定で、希望小売価格は税抜7万円。

 ミニコンポのような使い方ができるということで人気の高い製品。現在シルバーゴールドのモデルのみ展開しているが、ブラックカラーのモデルが新たに登場する。

デノン
「M-CR611」の前面。青く光っている部分はイルミネーションで、4色に光らせることができる

 有線LANと無線LANに対応しており、AirPlayやインターネットラジオのほか、音楽配信サービス「Spotify Connect」の利用が可能。LAN内のハイレゾ音源(DSD 2.8MHzやFLAC、リニアPCMなど)の再生も可能だ。

 このほか、ワイドFMに対応するFM/AMチューナーやBluetoothも内蔵する。

 なお、スピーカー出力は4系統あり、バイアンプ接続も可能。製品にスピーカーは付属しない。