[ワシントン 23日 ロイター] - 米司法省は、カリフォルニア州に住む中国出身の女(32)が23日、機密の宇宙通信技術を入手し不法に中国に輸出しようとしたとして拘束されたと発表した。

司法省の声明によると、すべての罪で有罪となれば最高で禁錮150年が科される可能性がある。連邦大陪審は4月27日に女を起訴した。

女は2013年3月から2015年12月にかけて、特定の製品や技術の米国からの輸出に関する国際緊急経済権限法に違反したとされている。

具体的には、承認を得ずに機密技術を購入し輸出したとして起訴された。また、宇宙通信関連で使用される装置を密輸し、価格を本来の10万ドル超ではなく500ドル相当と申告したという。

このほかマネーローンダリング(資金洗浄)、移民申請時の虚偽の情報提供、偽造パスポートの使用などを行ったとされている。