[ソウル 24日 ロイター] - 韓国軍は24日、前日に北朝鮮側から南北軍事境界線を越えてきた正体不明の飛行体について、ドローン(小型無人機)ではなく、宣伝ビラを運ぶ風船だった可能性が最も高いと明らかにした。

韓国軍は境界線を越えた飛行体に警告射撃を実施。飛行体はレーダーから消えた。

韓国の聯合ニュースは軍の発表に先立ち、境界線近くで飛行体が発見され、風船と確認されたと伝えていた。