[ロンドン 23日 トムソン・ロイター財団] - オランダの平和推進NGO「PAX」は23日、国際法で禁止されたクラスター爆弾の製造会社に対する金融機関からの投資が、最近4年間で310億ドルに達したとの報告書を公表した。

2013年6月―2017年3月の間に銀行、年金基金、保険会社など160社以上が、クラスター兵器製造会社6社に投資していたという。

クラスター爆弾は上空から投下されるか、発射装置から射出され、空中で爆発して内蔵した数百もの「子爆弾」を広範囲にまき散らす仕組み。不発となった子爆弾は除去するのが難しく、紛争終了後も長期にわたり民間人に被害を及ぼす。国連によると、シリアの内戦では北部アレッポの人口密集地でロシア軍がクラスター爆弾を使用した。

2010年にはクラスター爆弾禁止条約が発効し、100カ国以上が批准した。PAXが名指しした企業は、条約を批准していない米国、中国、韓国などが大半を占めている。

ただ、クラスター兵器メーカーに投資したとされる15の金融機関は、条約批准国であるカナダ、フランス、ドイツ、日本、スペイン、スイス、英国の会社だという。

クラスター爆弾メーカーに投資した企業数は、2016年に公表された報告書の150社超から増加し166社となった。ただPAXは、このような投資は容認できるものではなく、企業の評価に影響するリスクもあるとの認識が投資家の間に広がっていると指摘した。

世界100カ国以上で兵器根絶運動を展開している「クラスター兵器連合」(CMC)のフィローズ・アリザーダ氏は「クラスター爆弾は明確な理由によって禁止されている。一般市民に過剰な危害を加えるものだからだ」と指摘。「銀行や金融機関が、違法で有害なこれらの兵器のメーカーに1ペニーたりともお金を投じてはならないのはそれが理由だ。どのような企業や国も、クラスター兵器を製造すべきではない」と強調した。