[北京 24日 ロイター] - 電気自動車生産拡大に向けた割当制度を中国が導入する方法を巡って、ドイツのガブリエル外相は24日、両国間で良い進展があったとの認識を示した。

7月の20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するため、習近平国家主席がドイツを訪れる前の数週間中に、詳細を詰める考えも明らかにした。