理経は、防災訓練用VR「避難体験VR」のコンテンツおよび機材一式のスポットレンタルを9月1日から11月30日の期間限定で開始すると発表した。

VR4
避難体験VRセット

 近年、地震や津波などの大規模災害を想定した防災訓練の重要性は高まっている。しかし、防災訓練実施に関しては「事前準備や当日の運営が負担」「毎年実施する内容が変わらないため訓練自体がマンネリ化している」「参加者が固定化し、新しい参加者が増えない」などの問題が生じている。

 このような背景から、理経は防災訓練の実施が集中する9月〜11月に限定して、避難体験VR機材一式のレンタルキャンペーンを実施する。設置の煩わしさや、トラブル時に対応するため、当日の運営も同社の社員がサポートする。

 火災が発生し、煙が充満する室内からの避難をVRヘッドマウントディスプレーをとおして体験できる。体験時間は1人3分ほど。

 体験中はコントローラーにより歩き回れるほか、煙による視界が悪い中で、低い姿勢で避難できているか、タオルやハンカチで口を押さえているかなど、体験者が正しい避難姿勢で動けているかの判定も可能だ。

 1.5×1.5mの省スペースでの実施ができるほか、VRを用いた防災訓練は多くの人に興味を持ってもらいやすいとしている。