[エルサレム 24日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>がサイバーセキュリティー会社ヘクサダイトを1億ドルで買収することで合意した。イスラエルの経済紙カルカリストが24日、ウェブサイトで報じた。

ヘクサダイトはボストンを本拠とし、イスラエルに研究開発センターを持つ。サイバー攻撃への対応を自動化する技術を提供し、同社によると、こうした技術は企業の生産性向上とコスト削減に役立つという。

マイクロソフトはコメントを控えた。ヘクサダイト関係者からのコメントは得られていない。

ヘクサダイトにはヒューレット・パッカード・ベンチャーズのほか、ベンチャーキャピタルのテンイレブンン、YLベンチャーズが出資している。

マイクロソフトは1月、向こう数年にわたり毎年10億ドル超をサイバーセキュリティー関連の研究開発に投資する計画を明らかにしていた。