[ワシントン 24日 ロイター] - 米議会予算局(CBO)は24日、下院で可決された共和党の医療保険制度改革(オバマケア)代替法案が成立した場合の総合的な影響について初の試算を公表した。それによると、2026年までに医療保険の加入から外れる国民が2300万人に上る一方、今年から26年までの財政赤字は1190億ドル減少するという。

CBOがこうした試算を示したことで、現在独自のオバマケア代替法案をまとめている上院共和党にかかる重圧が増している。

CBOの試算公表を受け、一部の共和党上院議員は下院のオバマケア代替法案を支持しないと表明した。

ヘラ―上院議員は「オバマケアの撤廃には賛成だが、現在の内容での代替法案には反対だ。代替法案は第一歩だが、解決策ではない」と述べた。

下院共和党は、CBOが試算を行う前に代替法案を可決したことで厳しい批判にさらされている。トランプ政権は先日公表した予算教書に医療保険支出の削減をすでに盛り込んでいる。

共和党のマコネル上院院内総務を中心とする13人の議員は、独自法案を数カ月中に策定する見通し。ただ、マコネル氏は24日、ロイターに対し、共和党が法案可決に必要な票数をいかに確保するかはまだわからないと明らかにした。