[アンカラ 25日 ロイター] - イランの準国営ファルス通信は25日、同国で弾道ミサイルの3カ所目の地下工場が完成したと報じた。

革命防衛隊(IRGC)航空部門のアミール・アリ・ハジザデ氏は「イランの3つ目の地下工場が近年、防衛隊により建設された。われわれはミサイル攻撃力の開発を継続するだろう」と宣言。「敵国である米国とシオニスト国家(イスラエル)がわが国のミサイルプログラムに憤るのは当然のことだ。イランを弱い立場にいさせようとしているからだ」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)