[東京 26日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比14円64銭安の1万9798円49銭となり、小反落して始まった。為替が1ドル111円台と円高基調が続く中、週末を控えていることもあり、利益確定売りが先行している。

TOPIXもマイナス圏で推移している。米原油先物<CLc1>が急落したことを受け、石油関連株は軟調。外需大型株やメガバンクはまちまち。倉庫・運輸が値上がり率でトップとなっている。