[東京 26日 ロイター] - ブラード米セントルイス地区連銀総裁は26日、連邦準備理事会(FRB)が今年下半期にバランスシートの縮小を開始することを期待すると発言、長期金利への影響は少ないとの見方を示した。

慶応大学で講演後、記者団に述べた。

総裁は、バランスシートから外すモーゲージ担保証券(MBS)に上限を設定することが望ましいとも指摘。ただ、具体的な上限には言及しなかった。