[タオルミナ(イタリア) 26日 ロイター] - 欧州委員会のユンケル委員長は26日、トランプ米大統領が25日のブリュッセルでの会談で、独通商政策を強烈に批判したとの独報道を否定した。

独メディアはトランプ氏が独政策に対し「非常に悪い」と糾弾し、米国における独自動車の販売を制限したい考えを示したと報じていた。

ユンケル氏は先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)の開始前に「トランプ氏は、独政府が好ましくない態度をとっているとは述べていない」と指摘。報道は大げさで「事実ではない」と語った。