Windows 10が搭載する生体認証機能で指紋認証ログインができる、上海問屋の「Windows Hello対応 USB指紋認証リーダー」(型番:DN-914795)が発売。ドスパラ秋葉原本店2階の上海問屋にて、4537円(税抜)で販売中だ。

指紋認証リーダー
指紋認証リーダー
上海問屋から、お手軽に高速ログインできるWindows Hello対応指紋認証リーダーの新モデルが発売された

 Windows 10の生体認証機能「Windows Hello」に対応した、USB接続の指紋認証リーダー。PINコードやパスワードの入力を使わず、センサーに指をタッチするだけの高速ログインが可能になる。以前に発売されたモデルのカラバリのような製品で、若干ながら価格も安くなっている。

 360度どの方向からのタッチも認識し、1秒以内の指紋認証が可能。複数人の指紋を識別できるマルチユーザー対応により、アカウントの使い分けも簡単だ。設定もWindows Helloのみで完了できる。

指紋認証リーダー
指紋認証リーダー
どの方向からでも認証可能で、精度もきわめて高い。今回発売されたのはブラックのカラバリで、価格もやや安価になっている

 対応OSはWindows 10(32bit/64bit/Anniversary Update以降推奨)で、接続インターフェースはUSB2.0。本人が誤って拒否される割合を示す「FRR」は3%、他人を認証してしまう割合「FAR」は0.002%と、高い精度をもっている。