HTCは先日「握る」という動作をフィーチャーしたフラッグシップスマホ「HTC U11」を台湾で発表したが、今度は持ち歩ける小型のVR HMD「Link」が登場した。発売日と価格は未定。HTCによると、日本だけのプロジェクトとのこと。

LINK

 基本的にはハイエンドのPCを使い、空間を認識させるだけの広さが必要なVIVEに対し、LinkはPCのかわりにスマホ(HTC U11)を接続し、光で動きを認識させるので、VIVEほどの空間は必要ない。 

LINK
LINK
ヘッドマウントディスプレー本体
LINK
LINK
両腕に持つコントローラー
LINK
ディスプレーは内蔵されている
LINK
これがLEDの光を認識させるセンサー

 Linkは既存のHMDのようにスマホをゴーグル部分にセットして、スマホのディスプレーをそのまま使うわけではない。USB Type-Cでスマホ(HTC U11)と接続し、HMD側にある3.6型(1080×1200ドット)AMOLEDのディスプレーに表示させるというシステムだ。

 また、コントローラーの先から発せられる光(LED)を認識して動作するので、VIVEほどの空間は必要なく、センサーが設置できればどこでもVR体験ができるというメリットがある。

 今後の展開は未定だが、VIVEで培った財産を使って魅力的なコンテンツを提供してくれるに違いない。

LINK
LINK
実際に身につけて一足お先に体験してみた
LINK
LINK
けっこう動き回れるし、コントローラーのレスポンスもいい
LINK
LINK
これなら日本の住宅事情でも遊べそうだ