[25日 ロイター] - 英マンチェスターで行われた米歌手アリアナ・グランデのコンサート会場で22日に発生した自爆攻撃は、8歳の少女を含む22人の命を奪った。家族や友人によって確認された一部の犠牲者の名前とプロフィールは、以下の通り。

●ミシェル・キスさん

3児の母であるミシェル・キスさんは、15歳の娘ミリーさんと一緒にコンサートに来ていた。

「家族は、彼女の人生そのものでした。私たちは皆、彼女の死に打ちのめされています。私たちや彼女を愛していたすべての人から、最も心に傷が残る形で彼女を奪ったのです」と、キスさんの家族は警察が公表した声明のなかでこう語った。

「非常につらいこの時期を乗り越えるため、彼女の示した勇気と強さから力をもらえることを私たちは願っています」

●ジーナ(ジョージナ)・ベサニー・キャランダーさん(18、ランカシャー州)

ジョージナ・ベサニー・キャランダーさんは社会福祉を学ぶ18歳の学生だった。音楽が大好きで、アリアナ・グランデだけでなく、他のミュージシャンと写った写真を、自身のソーシャルメディアに投稿していた。コンサート前日には、グランデに「明日、あなたに会えるのをとても楽しみにしています」とツイッターでメッセージを送っていた。

キャランダーさんが以前通っていたランカシャーの学校は、人気のある素晴らしい学生だったと述べ、残された兄弟2人もとても寂しがるだろうとのコメントを発表した。また、彼女が子どものころにプレーしたフットボール・クラブもウェブサイトに弔辞を掲載した。

一部の友人は、キャランダーさんの葬儀費用を支援するためクラウドファンディングを立ち上げた。

●マーティン・ヘット(29、グレーターマンチェスター州)

広報担当マネジャーの仕事をしていたマーティン・ヘットさんは、自身について、「強い女性と大衆文化」が好きで、くだらないユーモアのセンスがある人だと、インターネット上の自己紹介ページに記していた。

ヘットさんはマンチェスターが舞台の連続テレビドラマ「コロネーション・ストリート」のファンで、登場人物の1人のタトゥーを足に入れていた。陽気な人柄で、テレビ番組「Come Dine With Me」にも数回出演していた。

兄弟のダンさんと友人のラッセル・ヘイワードさんは、ツイッターでヘットさんの死亡を確認した。

「彼は生きていたときとまさに同じように、注目を集めてこの世を去った」とヘイワードさんは語った。

●オリビア・キャンベルさん(15、グレーターマンチェスター州)

母親のシャーロットさんとの最後の会話のなかで、学生のオリビア・キャンベルさんは、アリアナ・グランデのコンサートに行くことを許してくれたことに感謝し、愛していると伝えていた。

家族は事件翌日の23日、オリビアさんを必至に捜した。しかし母親は翌24日、オリビアさんの遺体を確認した。

「あまりにも早く逝ってしまった私のいとしい大切な娘オリビア・キャンベル、どうか安らかに眠ってほしい。天使たちと歌い、ずっと笑顔でいてほしい。お母さんはあなたをとても愛しています」と、母親のシャーロットさんはフェイスブックに投稿した。

●ソレル・レツコウスキさん(14、リーズ)

レツコウスキさんは母親と祖母と一緒にコンサート会場にいた。母親と祖母も爆発で負傷した。

「ソレルはまだ14歳でしたが、しっかりした子でした。とても賢く、才能があり、創造力にあふれる女の子でした。彼女にできなかったことなどありませんでした」と、祖父のポール・ヒーリーさんは声明でこう語った。

「彼女は建築家を目指していて、ニューヨークのコロンビア大学を志望していました。母親に家を建ててあげたかったのだと思います」

●クロエ・ラザフォードさん(17、タインサイド)とリアム・カリーさん(19、タインサイド)

恋人同士だったラザフォードさんとカリーさんの家族は「2人はお互いにとってあらゆる意味で完璧で、またそうなる運命でした」と、警察が公表した声明でこう語った。

「2人はずっと一緒にいたがっていました。そして今、2人は永遠に一緒です。クロエとリアムが亡くなった夜、彼らの翼は飛び立つ準備ができていたのでしょうが、私たちの心は違いました。2人は完璧でした」

「クロエはいつも自分のことを、おっちょこちょいだと言っていました。リアムはそんなクロエが大好きで、彼女のためにチョコレートを買ってきてあげたり、何でもしてあげていました」

●エイリド・マクラウドさん(14、スコットランド)

エイリド・マクラウドさんは、友人のローラ・マッキンタイヤーさんと共にスコットランド西部バラ島からコンサートに来ていた。報道によると、マッキンタイヤーさんはやけどを負い、現在も入院している。

「エイリドは明るく元気で、とても楽しい人でした。アリアナ(・グランデ)の曲を聴いたり、バグパイプのバンドで演奏したり、あらゆる音楽を愛していました」と、両親は声明で語った。

「家族はうちのめされており、愛するエイリドを失った気持ちを言葉で表すことなどできません。このつらい時期に、皆様からいただきました支援と温かいメッセージに感謝いたします」

●ケリー・ブルースターさん(シェフィールド)

32歳と伝えられているケリー・ブルースターさんは、姉妹とめいと一緒にコンサートに来ていた。めいの祖母は、ブルースターさんが盾となり、爆発から姉妹とめいを守ろうとした英雄だと語った。

「あなたは姉妹のクレア・ブースと私の孫娘ホリーの2人を救ってくれました。ケリー、だから天使たちがあなたを天国に連れて行ってくれるはずです」と、トレーシー・ブースさんはフェイスブックにこう記した。

●ネル・ジョーンズさん(チェシャー州)

ネル・ジョーンズさんは、報道によると14歳だった。ジョーンズさんが通っていた中学校が声明を発表。ジョーンズさんはとても頭が良く、人気者だったという。

教師のデービッド・ウィーラーさんは「ネルはとても人気のある女の子で、笑みを絶やさず、いつも前向きだった。クラスメートは皆、小学校からずっと一緒だった。クラスメートというより、きょうだいを失ったと皆感じている」と語った。

●サフィー・ローズ・ルーソスさん(8、ランカシャー州)

これまで確認された犠牲者のなかで最年少とみられるサフィー・ローズ・ルーソスさんについて、通っていた学校の校長クリス・アプトンさんは、「まさに美しい少女で、誰からも愛されていた。彼女の温かさと優しさが忘れ去られることはないだろう」と彼女の死を惜しんだ。

「サフィーには創造的才能があり、静かで控えめな子だった」