[北京 28日 ロイター] - 中国外務省の陸慷報道局長は28日、イタリアで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議が採択した首脳宣言に東シナ海や南シナ海の情勢への懸念が盛り込まれことについて、「強い不満」を表明し、G7諸国は無責任な発言を控えるべきだとの立場を示した。

局長は声明で、中国は東シナ海や南シナ海の平和と安定を維持しつつ、すべての関係各国との間で協議を通じて適切に問題を解決することに尽力していると述べた。

その上で、G7やその他の国が、当該地域の国による問題対処の努力を完全に尊重し、無責任な発言をやめることを望むと表明した。