[東京 29日 ロイター] - 安倍晋三首相は29日朝、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、「国際社会の度重なる警告を無視して挑発を続けていることは断じて許すことができず、北朝鮮に厳重に抗議した」と述べた。その上で主要7カ国首脳会議(G7)で合意したとおり、「北朝鮮問題は国際社会の最優先事項だ。北朝鮮を抑止するため、米国とともに具体的な行動をとっていく」と語った。

さらに「韓国をはじめ国際社会と連携しながら、高度な警戒態勢を維持し、国民の安全確保に万全を期していく」と語った。

官邸で記者団に述べた。