[オタワ 27日 ロイター] - カナダの野党・保守党は27日、新党首に若手下院議員のアンドリュー・シーア氏(38)を選出した。2019年に予定される総選挙でトルドー首相率いる自由党に対抗する。

党首選はマキシム・ベルニエ元外相の勝利が有力視されていたが、知名度の低いシーア氏が51%の票を得て接戦を制した。

保守党はハーパー前首相の下で10年近く政権を維持したが、2015年の総選挙で自由党に敗北。世論調査では自由党の支持が野党を大きく上回っている。

今回の党首選では、シーア氏など社会政策でより保守的な立場をとる勢力と中道寄りの勢力の溝が浮き彫りになり、シーア氏は今後、党内の亀裂修復が課題となる。