[ブリュッセル 29日 ロイター] - 欧州連合(EU)加盟国の閣僚は29日、自動車の認証に関する新たな規則案で合意した。不正を行うメーカーに直接罰金を科す権限を欧州委員会に付与する。規則案にはドイツが反対した。

同案は2015年の米国での独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の排ガス不正スキャンダルを受けた対応策。法制化には欧州議会での審議が必要となる。

欧州理事会の議長国マルタによると、閣僚らは特定多数決で規則案を支持した。

現在のシステムでは、新たな車に対しては各国の当局が欧州連合(EU)全体で有効な認証権限をもち、認証の取り消しも可能。

新規則では、他国の当局が決定を見直すことが可能になり、欧州委員会は抽出検査の実施や不正を見つけた場合1台あたり最高3万ユーロの罰金を科すことができる。

*内容を追加しました。