[ロンドン 29日 ロイター] - 英国のメイ首相は29日、英国は欧州連合(EU)離脱後も安全保障と通商を巡りEUと力強いパートナーシップを維持するとの意向を示した。

メルケル独首相は28日、先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)終了後、欧州は自分たちの運命を自分たちの手で握る必要があるとの考えを示し、ブレグジット後の英国はもはや信頼できるパートナーではないとの考えを示唆。

これについてメイ首相は「英国はEUから離脱するが、欧州から離脱するわけではない」と述べ、英国はEU離脱後も主要なパートナー国であり続けるとの意向を示した。

そのうえで「英国はEU加盟国と深く、特別な関係を維持したい」とし、「包括的な自由貿易協定のほか、安全保障の面で他の欧州各国とともに取り組んでいくことに引き続きコミットしている」と述べた。