大容量バッテリー搭載機種か、小型で消費電力が小さい機種を選ぶべきか。スタミナ重視のスマホとして取り上げている「ZenFone 3 Max」「AQUOS SERIE mini」「RAIJIN」の3機種だが、今回はそれとは直接関係しないカメラの比較をしていく。

11
ZenFone 3 Max(5.2型)
11
AQUOS SERIE mini
11
RAIJIN

カメラのスペック面ならAQUOS SERIE miniが有利に

 スタミナで有利なスマホは、大容量バッテリー搭載か、それとも小さな画面の機種か、という視点で比較しているスマホ定点観測だが、今回取り上げているのはASUS「ZenFone 3 Max(5.2型)」、au/シャープ「AQUOS SERIE mini SHV38」、FREETEL「RAIJIN」。

 スペック&料金比較では3機種一長一短で引き分け、スピード勝負ではAQUOS SERIE miniが終始リードし続け1勝という展開。まずはカメラの主なスペックについて確認してみよう。

 今回もAQUOS SERIE miniが有利と言えるだろう。インカメラも含めて高画素のカメラを搭載し、レンズの明るさを示すF値はアウトカメラが1.94(画像ファイルの情報から)。省かれがちな手動のシーン設定を含めて細かいところまで充実している。

 画素数だけで見ればRAIJINが続く。レンズのF値はインカメラも含めて明るめだ。ただし動画撮影中に静止画のシャッターボタンが表示されているものの、タッチしても反応しなかった。

 ZenFone 3 Maxはこのスペック表だけでは特別に強そうな部分は見られず、動画の撮影サイズもHDまで。どうしても他の2機種に比べやや見劣りする。

カメラの起動時間で早速AQUOS SERIE miniがリード

 続いてカメラのスピードを見ていく。最初にロック画面とホーム画面からのカメラの起動時間をチェックした。

 計測方法はカメラアイコンをタップもしくはスワイプした瞬間から、カメラ画面のアイコンや画面の明るさが安定するところまでの時間を動画に撮影して計算。なお計測は各機種3回ずつ。結果は以下の通りだ。

 ここでも速いのはAQUOS SERIE mini。前回はベンチマークから実際に操作しての文字入力でもトップだったが、カメラも素早く起動した。ここはCPUも含めたスペックの差が出たと言えそうだ。

 あとの2機種ではZenFone 3 Maxがやや速い印象。RAIJINはロック画面でカメラアイコンをスワイプする際に反応がシビアでやり直しが多い。

撮影間隔で圧倒したRAIJIN
シャッターの連打が可能

 撮影中のスピードもチェック。シャッターを切る撮影間隔を計測した。ただし非常に速いため、動画で撮影し、シャッターを切るアニメーションや音を参考に測定した。

 体感的にも明らかに速いのがRAIJIN。シャッターボタンを連打して撮影することができる。ただしシャッターを切るアニメーションやアイコンの動きが無く、音だけで判断した。実際はもっと速いかもしれない。ただしピントが甘い画像も含まれていた。

 2位のAQUOS SERIE miniは、シャッターボタンを押してから切るまでにワンテンポ遅れる感じ。3位のZenFone 3 Maxでは撮影間隔が1秒近くになるものの、操作しての印象ではこれくらいが普通では? と思えるので大きなマイナスにはならない。

デジイチと実写比較 RAIJINが若干リードか?

 ここからは実際に撮影した画像を比較。まずはキヤノンのデジタル一眼EOS 70Dの画像と比べてみる。人形やカラータイルを撮影し、デジイチと比較する。なお撮影はオート任せだ。

11
ZenFone 3 Max
11
AQUOS SERIE mini
11
RAIJIN
11
EOS 70D

 パッと見てAQUOS SERIE miniは暗めに感じる。とくにカーテンの色が全体的に黒っぽくなってしまった。ただ他の部分は色がハッキリしており、2つの人形や造花は鮮明で、カラータイルは色がベトッと塗ったような濃さ。これはこれで味のある写真だと思う。

 逆にRAIJINはずいぶんと明るく、ウサギの人形はリアルで見ると銀色に近いが、画像は灰色よりもさらに白っぽく見える。カラータイルやアヒルの人形、造花はデジイチに近い。

 ZenFone 3 Maxはウサギの人形やカーテンが緑っぽいのが痛い。アヒルやカラータイルの色は鮮やかなのだが。

 このように3枚とも難しいが、RAIJINがやや有利かなと判断した。

インカメラで3枚を比較するとドギツイ色に……

 インカメラでも比較する。こちらは筆者の主観でキレイな1枚を決める。

11
ZenFone 3 Max
11
AQUOS SERIE mini
11
RAIJIN

 3枚ともずいぶんドギツイ画像となっている。被写体に加えたシーラカンスの人形がかなりギラギラしているのだ。特にAQUOS SERIE miniはアウトカメラと同じく、暗めだが色の濃さが強い1枚。

 ZenFone 3 MaxとRAIJINはとても似た画像になっており、非常に明るい。ただRAIJINのほうが白っぽく、カーテンやウサギの人形、造花の花びらは相当白い。ZenFone 3 Maxはカーテンにやや茶色が残っている(実際のカーテンはもっと茶色が強めだが)。ただしカラータイルの色は薄め。

 それぞれかなり個性的な写真になったので……引き分けだ。

暗所撮影ではRAIJINがリードか

 さらに暗所撮影も比較してみる。こちらは再びデジイチと比較する。被写体の明るさは一般的なオフィスとしてはかなり暗めの150ルクス程度に設定。

11
ZenFone 3 Max
11
AQUOS SERIE mini
11
RAIJIN
11
EOS 70D

 ZenFone 3 Maxがここでも緑っぽい画像になってしまい最初に脱落。残りの2機種はアヒルとカラータイルの印象はデジイチと近い。だがAQUOS SERIE miniは背後や床がかなり明るく白っぽい。この比較ではRAIJINが一歩リードではないだろうか。

暗所をインカメラで撮るとAQUOS SERIE miniがキレイ

 再びインカメラを使い、今度は暗所撮影を行った。こちらも筆者の主観で1枚を決める。

11
ZenFone 3 Max
11
AQUOS SERIE mini
11
RAIJIN

 まず明らかに違和感があるのはZenFone 3 Max。床が茶色っぽく、背後は緑と黄色が混ざったような。アヒルの人形を見ても赤っぽい部分が見られる。

 AQUOS SERIE miniとRAIJINを比べると、これはAQUOS SERIE miniが有利か。全体的に明るく違和感のある色が少ない。現実の被写体を考えると明る過ぎるが、画像は一番キレイに感じた。RAIJINは全体的に暗めで、これはこれでリアルだが、床の左側は緑っぽい部分が気になった。

ZenFone 3 Maxは派手な機能は無いが
バランスよく搭載 いじり甲斐もある

 最後に各機種のカメラに搭載されている機能から気になる物を取り上げていく。ZenFone 3 Maxは特別派手な機能は無いが、ASUS製ということもあって、キャリアのスマホしか使っていない人には新鮮味がありそうだ。

 カメラのモードに「HDR」「美人エフェクト」「超解像度」「ローライト(フラッシュを使わず明るく撮れる)」、各種エフェクト、「自分撮り」専用モード(顔検出が起動)、「低速度撮影」などが用意されている。

 特に「美人エフェクト」は化粧の濃さ、目の大きさ、小顔モードなどを用意しており、細かく調整が可能。低速度撮影の撮影間隔を細かく設定できたり、初心者でも迷わない程度にいじり甲斐はありそうだ。

11
11
基本的な撮影モードに加え、海外メーカー製端末らしく、被写体を美顔にしてくれるモードがあり

AQUOSはオートもマニュアルも“さらに”カスタムしやすい

 AQUOS SERIE miniはシャープ製スマホらしいおなじみの機能が並んでいる。

 カメラの撮影モードには「タイムラプス」「花火撮影」「銀残し(コントラスト強調)」「背景ぼかし(デジイチ風)」のほか、「手鏡」モードを用意。

 カメラ任せで良いのなら「おすすめオート」だが、多少設定を変更したいのなら「おすすめプラス」を使う。この機能に細かいシーン設定やフルマニュアルが用意されている。

 とくにシーン設定は従来の「風景」「ポートレート」といった場所に合わせたメニューではなく「くっきり」「ふんわり」といった撮りたい雰囲気に合わせられる。

 またフルマニュアルでは細かな手動設定はもちろん、カメラの画面に表示する項目も選べる。「水準器」や「HDR」は使わないから非表示に、逆に細かくいろんな機能を表示させても良い。マニュアルでさらにカスタマイズできるのだ。

11
11
AQUOSシリーズではおなじみのモード。シーン設定はわかりやすく説明されている
11
11
マニュアルモードでは設定を変更する項目をオン/オフできる

RAIJINはずらりと並んだカメラモードと設定で
機能を一目で把握

 FREETELのスマホは筆者もそれほど使った経験がないので、カメラのモードや設定メニューがずらりと縦に並んでいるのを見ると新鮮さを感じたが、個々の機能自体は他機種でも見られるものが多い。

 カメラのモードには「暗がり撮影」「色鮮やかHDR」「一眼レフ(背景ぼかし)」「残像」「ビューティ」「ハイスピード(連写)」と変わり種が並び、マニュアル撮影も用意。

 他の2機種と同じく設定が細かすぎるわけではなく、スマホ初心者でもわかりやすく、スマホに慣れている人でもしばらくは飽きない程度のバランスだろう。

11
11
モードは少し変わった表現が多めも基本はシンプルなカメラ

サクサク撮れて写真もなかなか……RAIJINの勝ち!

 意外? なことにRAIJINがリードを奪う展開が多め。撮影間隔では断然速く、これがサクサク撮影したい筆者には好印象。また4回の実写テスト中、2回でリードしているので勝ちと判断したい。

 ただカメラの起動時間の遅さ、インカメラの画質は気になる。他の2機種、ZenFone 3 MaxとAQUOS SERIE miniもインカメラでややドギツイ写真が生まれてしまった。

 しかしこの3機種で最も気になるのは“スタミナ”だ。次回はようやく本命のバッテリーテスト。長持ちNo.1がどの機種か、お楽しみに。