[ロンドン 29日 ロイター] - メイ英首相は30日に行う演説で、英国の欧州連合(EU)離脱に対する欧州の姿勢は「攻撃的」との見方を示し、英国には力強いリーダーシップが必要と訴える見通しだ。

6月8日の総選挙を前に、首相率いる保守党の支持率リードが縮小する中、勢いを取り戻したい考えだ。

事前に公表された演説の原稿によると、メイ首相は「(EU諸国は)攻撃的な交渉姿勢をとっており、英国を代表する力強いリーダーシップによってのみ立ち向かうことができる」と述べ、有権者からの明確な支持が必要だと強調する。

また「今後5年間を成功させなければ、英国の経済的繁栄が打撃を受け、職や生活がリスクにさらされることになり、それにともない勤労者世帯の安定と平穏が脅かされる」と述べる見通しだ。