5月29日、中国の若者世代は、保守的な親世代よりもずっとセックスについてオープンな意識を持ち、性感染症対策の必要性についての認識も急速に広まっている。写真は2016年11月、重慶市で開かれたAIDS啓発イベントで、コンドームを膨らませる参加者(2017年 ロイター)

[上海 29日 ロイター] - 上海出身の学生エイプリル・チャンさん(21)は、中国の若者世代における、セックスに対する急速な意識の変化を体現している。かつてタブーだったその話題について、チャンさんは自信を持って話すことができるし、リスクについても良く分かっている。

 チャンさんや同世代の若者は、見方は均一には程遠いにしても、保守的な親世代よりもずっとセックスについてオープンな意識を持っている。性感染症対策の必要性についての認識も急速に広まっている。

 こうした性意識の高い若者世代の存在は、コンドーム市場に急拡大をもたらすと見られており、中国の国内企業が、豪ゴム製品大手アンセル から、世界第2の規模を誇るコンドーム事業を6億ドル(約660億円)で買収する決断の背景となった。

「意識は確実に変わっている。私たちは、すごくオープンになっている」と、チャンさんは言う。友人の間では、英日用品メーカーのレキット・ベンキーザー製「デュレックス」や、日本のトップメーカーのオカモトのコンドームを使う人が多いという。高品質との評判だし、両社ともマーケティングに力を入れているからだ。

「これはとても大事な製品。一度の失敗で、重大な結果になる」と、チャンさんは言う。