ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

プロ野球にも構造改革を!

「国際化」と「地域化」の同時改革こそ成功のカギ

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第15回】 2008年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

竹中 今日は趣向を変えて、日本のプロ野球をテーマにしたいと思います。上田さんも野球がお好きだそうですが、どこのチームを応援していますか?

上田 落合ファンの僕としては、中日ドラゴンズです。竹中さんは?

竹中 私は関西出身なので、やはり阪神タイガースファンです。阪神ファンとして、また一野球ファンとしては、最近の「プロ野球離れ」を非常に残念に思っています。スポーツ紙はサッカーや競馬ばかりで、日本シリーズの優勝結果ですら一面では扱われないこともありますよね。

上田 たしかにテレビ中継の視聴率も落ちてきているし、プロ野球人気の凋落がうかがえますね。

「東京ドーム巨人戦」が当日券で
観戦できる時代は、寂しい限り

巨人戦年間平均視聴率と放映試合数の推移上田 右の図は東京で行なわれた巨人戦の年間平均視聴率です。10年前は20%前後だったのが、ここ数年は10%前後とほぼ半分になっています。僕が上京したての頃は、東京ドームで巨人戦を観戦するのは不可能に近かったけど、数年前からは当日券で入れるようになりました。観戦できて嬉しかったけど、ショックのほうが大きかったな。

竹中 じつは、私が関西から上京してきた最大の理由は、後楽園球場で「巨人VS阪神戦」を見たかったからなんです。その頃は巨人黄金時代で、当然内野席のチケットなんか手に入らないから、いつも外野席でね。それが今じゃこんな状況になってしまって、野球ファンとしては寂しい限りです。

 プロ野球のファン離れの理由は、ファンを楽しませるような新しい試みをしていないことです。野球は“エンターテインメント”でもあるはずなのに、その手の試みは交流試合くらい。上田さんはエンターテインメント業界のプロとして、プロ野球不人気の理由をどう思われますか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧