5月30日、小池百合子東京都知事はロイターとのインタビューで、7月の東京都議会議員選では加速度的に改革を進めるために必要な議席数が欲しいと述べ、都民ファーストの会公認、推薦、選挙協力を行う候補を合わせ、過半数を獲得することに強い意欲を示した。写真は都内で29日撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 30日 ロイター] - 小池百合子東京都知事はロイターとのインタビューで、7月の東京都議会議員選では加速度的に改革を進めるために必要な議席数が欲しいと述べ、都民ファーストの会公認、推薦、選挙協力を行う候補を合わせ、過半数を獲得することに強い意欲を示した。

 将来的に国政に出ることや都民ファーストが国政選挙に候補者を出す可能性は「全く考えていない」と否定した。

 インタビューの詳細は以下のとおり。

──政治家として、都知事として政策のトッププライオリティーは何か。

「私が知事として取り組みたいのは、パラダイムシフト。2025年には人口は減っていく。高齢化はさらに進む。東京をどう持続可能にしていくのかということで、様々な施策を構成そのものを変えていくという仕込みを、1年目の今やっているところ」

「私自身が知事になったことが一番大きな違いだと思うが、どこの団体や政党にも支援されずに都民に選ばれた。フランスのマクロン大統領も政党の支持なく大統領に就任し、議会選挙ではインターネットで応募した方が立候補されていると聞いている。議会の基盤を作るということ。私も同じように新しい方々を候補に打ち立てて、改革の志を持った新しい議員を増やしていこうとしている」