[ソウル 30日 ロイター] - 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、国防省が新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)の発射台4基の追加搬入を報告していなかった件について、調査を指示した。

THAADは3月に韓国南部の星州に発射台2基が設置されていた。

大統領は選挙戦でTHAADについて国会での見直しを主張している。

大統領府報道官は「文大統領は、発射台4基が新政権と国民への報告なしに追加搬入されていたことに非常に衝撃を受けている」と述べた。