[ワシントン 30日 ロイター] - 米ABCニュースは30日、大統領選へのロシア介入疑惑に関する議会の調査で、トランプ大統領の顧問弁護士のマイケル・コーエン氏が調査の対象になっていると報じた。

それによると、コーエン氏は下院での情報提供と証言を求められたことを確認したが、要請の内容は表現が不十分かつ大まか過ぎており、回答できないため断ったとした。