ドコモに続いて、auも夏スマホ発表会を開催。スマホはすでに公表されている「Galaxy S8」「Galaxy S8+」「Xperia XZ」以外の4機種を発表した。

11
11
HTC U11

 なかでも注目は「HTC U11」。海外でも先日発表されたばかりの新フラグシップで、端末を“握る”操作でアプリの起動やカメラのシャッターが切れるなど、新しいUIが特長。また背面は液体のような滑らかな表面処理に、見る角度で色が変わるというこれまでに無いデザインが特徴的。

 WQHD解像度の5.5型液晶にSnapdragon 835と高い処理性能に加え、海外発のフラグシップ機にも関わらず、おサイフケータイやワンセグ、防水・防塵対応と国内向け機能にもバッチリ対応している。

 コアなファンが多いタフネスケータイ「TORQUE」もついに第3世代に。四隅にバンパーが入ったゴッツい筐体はしっかりとしたタフネス性能を確保。オクタコアCPUや3GBメモリーの搭載など、基本スペックも上がり、普段使いも快適になった。

11
TORQUE G03

 そのほか、ドコモに続いて、シャープの新フラグシップ「AQUOS R」、今回は京セラが担当するミドル機「Qua phone QX」が発表。Galaxy S8、Xperia XZsの性能ももちろん魅力的だ。

 発表会の模様や端末写真については順次お届けするが、まずはスペック表から!