強く握るか優しく握るか?
タッチだけでなく握って操作する「HTC U11」

 今年のau夏モデルは1年ぶりにHTC端末が登場することとなった。先日、台湾で製品発表会を行なった同社のフラッグシップモデル「HTC U11」がラインナップに加わった。

HTC
HTC U11

 スペックは5.5型液晶(WQHD)、Snapdragon 835、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GBとハイエンド。しかし、このスペックだけが特徴ではない。「Edge Sense」と呼ばれる「握る」動作でアプリを立ち上げたり、シャッターを切ったりできるのである。

 スマホの左右側面に感圧センサーがあり、「握る」という動きで端末を操作する(海外だとSQUEEZEと呼ばれる)。さらに握る長さによって2種類の動作があり、短く握るか長く握るかでそれぞれアプリなどを割り当てられる。例えば長く握ってカメラを起動し、短く握ってシャッターを切ったりできるのだ。また起動させるアプリは自分でカスタマイズ可能と、かなり便利に使える。

 握る強さも調整できるので、女性は軽めにしておくといいだろう。男性は多少強めにしておかないと、スマホを取り出す瞬間にセンサーが誤作動する可能性がある。

HTC
HTC
HTC
HTC

 カメラはリアがピクセルサイズ1.4μmの1200万画素(F値1.7)、フロントが1600万画素。U11のカメラはカメラ性能のベンチマークとして知られるDxO Markにて90というスコアを叩き出しており、これはモバイル部門のカメラで現在トップ。なお、HTCの端末では3位にHTC10が入っている。

 サウンド面では、イヤホンジャックがなくなったが、ノイズキャンセリング・ハイレゾ対応のイヤホンが同梱(USB Type-C接続)される。さらにユーザーの耳にあった音域と音量を検知して、自動で音質を調整してくれる。

 そのほか、バッテリー容量3000mAh、IP67の防水防塵に対応、曲面処理されたガラス素材のボディーと独特のカラーリングなど、フラッグシップならではの完成度である。

HTC
HTC