5月30日、ロイターが中国のデータ会社「IT桔子」のデータを集計したところ、4月から5月にかけ、シェアリング・サービスを提供する24社以上の新規スタートアップ企業に、少なくとも16.9億元の初期投資が実行された。写真は北京市内で24日、バスケットボールのシェアリングを利用する男性(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 30日 ロイター] - バスケットボールをしたいのに、ボールが手元になかったり、雨降りなのに傘がなかったりしたことがあるだろうか。スマートフォン(スマホ)の電池切れで困ったことは。

 そんな時、中国で急速に拡大する「シェアリング・エコノミー」が助けになる。すでに、車の相乗りサービスや、自転車のシェアなどが実現している。

 北京語言大学の学生ネイト・リウさんは、1時間わずか2元(約33円)でバスケットボールを借りている。コート脇の自動貸し出し機にスマホのバーコードをスキャンするだけだ。

「自分のボールをなくしたけれど、周りに聞いて回って借りるのが嫌だったので、これを試してみることにした」と、リウさんはロイターに話した。

 降雨量が多い中国南部の広東省深セン市では、傘2万本の貸し出しが街角で始まった。同じようにスマホのバーコードをスキャンして傘のロックを解除する方式で、料金は30分0.5元だ。

 借りた傘は、好きな場所に返却できるが、そのまま持ち帰ることもできると、「Eアンブレラ・シェアリング」設立者のZhao Shupingさんは言う。傘のシェアを提供するスタートアップ企業は、このほかいくつかある。