[シドニー 30日 ロイター] - 米共和党の重鎮マケイン上院議員は30日、中国は南シナ海の軍事化により「弱い者いじめ」のように振る舞っていると述べ、米国は平和的解決方法を見いだすため同盟国と協力しなければならないと主張した。

豪シドニーでの講演でマケイン議員は、中国は南シナ海の軍事化にみられるように、世界で自分の権利を主張していると批判。「中国が南シナ海の島々を埋め立てて軍事化していること、そしてこれが国際法に違反していることは極めて明白だ」と断言した。

米中の代表団は、6月2―4日にシンガポールで開催されるアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)に出席する予定であり、この発言を巡り両国の緊張が高まるとみられる。