[東京 31日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は車載情報システムとして「オートモティブ・グレード・リナックス(AGL)」のプラットフォーム(基盤)を今夏後半に米国で発売するセダン「カムリ」に搭載する。

AGLプラットフォームの採用はトヨタ車として初めてで、今後、北米で投入するトヨタ車や高級車ブランド「レクサス」の多くの車両に順次搭載する予定だ。

AGLとは、自動車メーカーなどがコネクテッドカー(インターネットにつながる車)時代をにらみ、車載用基本ソフト(OS)の標準化などを進めてきた共同開発プロジェクト。カムリへの搭載については、AGLが31日明らかにした。

AGLは、コンピュータープログラムであるソースコードを無償で広く公開し、自由に改良や再配布ができるオープンソースソフトウエア「リナックス」がベース。自動車メーカーはオープンなプラットフォームを共有することでコードが再利用でき、開発の期間短縮やコスト削減、プロセスの効率化が可能になる。

トヨタはAGLプラットフォームの採用により、新機能の開発に経営資源を投入したり、車載情報システムを多くの車により早く展開できるとみている。同社の村田賢一・コネクテッド戦略企画グループ長は「新しいコードや機能の生成にもっとフォーカスすべきであり、過去の資産のメンテナンスを1次サプライヤーの間でバラバラにやっているという状況を避けるべきだと思う」と述べた。

AGLにはトヨタのほか、日産自動車<7201.T>、ホンダ<7267.T>、スバル<7270.T>、マツダ<7261.T>、スズキ<7269.T>、米フォード・モーター<F.N>など車メーカー10社が参画。AGLを事実上の業界標準とした基盤づくりを目指し、車メーカーに加えてパナソニック<6752.T>やデンソー<6902.T>、ルネサス・エレクトロニクス<6723.T>、独コンチネンタル<CONG.DE>なども参加、計98社が名を連ねている。

コネクテッドカーのための車載用OSをめぐっては、スマートフォン向けOSの2強である米グーグル<GOOGL.O>や米アップル<AAPL.O>も先行して動いてきた。グーグルは「アンドロイド・オート」、アップルは「カープレイ」を開発、両社はそれぞれのプラットフォームを構築して車載用OSの標準化を目指している。

AGLの普及を目指す団体「リナックス・ファウンデーション」のゼネラルマネジャー、ダン・コーチー氏は「自動車メーカーは自分たちの一部がソフトウエアであることに気づき始めた」としたうえで、「プラットフォームをコントロールできないといけない。プラットフォームはオープンでなければならない」と語った。

*内容を追加しました。

(白木真紀 取材協力:田実直美 編集:吉瀬邦彦)