[ニューヨーク 31日 ロイター] - 米金融・債券市場では、地区連銀経済報告(ベージュブック)の公表を受けて、市場のインフレ期待が後退した。

4月初旬から5月下旬にかけての各地区の報告をまとめた今回のベージュ・ブックは、物価圧力が高まっている兆しはほとんど見られないと指摘した。

トレードウェブによると、米東部時間午後2時10分(日本時間翌日午前3時10分)時点で、10年物ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が1.83%と、前日終盤から約0.5ベーシスポイント(bp)低下した。