グリーは5月23日、InsideMaps Inc.が提供する「InsideMaps」の取り扱いを開始した。

VR3
InsideMaps

 今までのVR用住居空間撮影では、商用カメラを使用するため専門家に撮影や編集を依頼する必要があり、多大な時間とコストが発生していた。

 一方で、導入コストを抑えるためにコンシューマー向け360度撮影専用カメラを利用したVRコンテンツも増えてきたが、細部までの表現は難しく、価格と品質の両立は難しかったという。

 InsideMapsは、スマートフォンで撮影した写真をもとにして、各種不動産コンテンツを自動生成する住居空間撮影VRコンテンツ配信ソリューションだ。

 InsideMaps Inc.が提供する撮影機材と併用して撮影すると、ウォークスルー機能付きの3Dツアーや、間取り図、3Dモデルをすべてクラウド上で同時に自動生成できる。

VR3
自動で生成されるもの

 不動産会社を中心に、導入が検討されているほか、野村不動産アーバンネットが運営する不動産情報サイト「ノムコム」での採用も決まっているとのこと。