[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ米政権は、外国人への入国査証(ビザ)発給に向けた審査に関し、過去5年間に使っていたソーシャルメディアでのハンドルネームなどの届け出を追加し、審査を厳格化する。行政管理予算局(OMB)が23日に追加手続きを承認した。

新たな手続きについては、パブリックコメント(意見公募)期間に教育関連団体などからビザ発給の遅延につながるとして、批判の声が上がっていた。

具体的には、在外公館の職員はビザ申請者に対し、過去のパスポート番号や5年間のソーシャルメディアでのハンドルネーム、メールアドレス、電話番号のほか、過去15年間の住所や職歴、旅行歴などの追加情報の届け出を求めることが可能になる。

国務省の当局者によると、追加情報は「身元の確認や国家安全保障に関する審査厳格化が必要」と判断された場合に要請することになる。

国務省は先に、審査の厳格化は「テロや他の国家安全保障に絡む在留資格の欠如に関連して追加審査が必要と判断された」ビザ申請者に適用されると説明していた。

追加情報の届け出は任意だが、質問表には回答がない場合は審査手続きが遅延あるいは停止する可能性があると明記されている。