[ロンドン 1日 ロイター] - マークイット/CIPSが発表した5月の英製造業購買担当者景気指数(PMI)は56.7と、過去3年で2番目の高水準だった。PMIは4月に3年ぶりの高水準を記録している。

IHSマークイットのエコノミスト、ロブ・ドブソン氏は「総選挙や欧州連合(EU)離脱交渉を巡る不透明感を乗り切れる勢いがある」と指摘した。

雇用指数は54.1で、2014年6月以来の高水準。

外需は「堅調」だったが、内需の伸びのほうが大きかった。

受注は過去3年で2番目の高水準。

ポンド安と国際商品価格の上昇を受けて、原材料コストは引き続き上昇したが、上昇率は前月を下回った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)