[ベルリン 1日 ロイター] - 欧州委員会のユンケル委員長は1日、今後の欧州連合(EU)基金へのアクセスについて、加盟国が法の原則に従うことを条件とするドイツの提案に反対する姿勢を示した。

ロイターが入手した文書によると、ドイツ政府は、EUが英国の離脱後の改革案を議論する中、加盟国が法の原則を満たせない場合、基金へのアクセスを凍結する案を示した。

ユンケル委員長はベルリンでの会議で、ドイツの提案を支持するかとの質問に「私はそうすべきではないとの考えだ」と答えた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)