gumiは、子会社を通じて実施しているVR/AR/MR分野のスタートアップのインキュベーションプログラムの強化を目的として、マイクロソフトによる全面的なサポートを受けることとマイクロソフトが展開するスタートアップ支援プログラム「Microsoft BizSpark」の導入を決めた。

gm
写真左から新清士氏(TVS取締役)、Alex Kipman氏(Technical Fellow of new device categories in the Windows and Devices Group, Microsoft Corporation)、國光宏尚氏(gumi代表取締役社長)、若山泰親氏(TVSプロデューサー)

 このプログラムは、VRインキュベーション事業を行なうgumiの子会社Tokyo VR Startups(TVS)と、Seoul VR Startups,Inc.(SVS)に導入される。

 今回の導入により、TVS、SVSの各プログラム参加者は、最大1万2000ドル分のパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」とスタートアップ企業が必要とするソフトウェア開発ツールを無償で利用することができる。

 また、追加支援として、マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストが、該当スタートアップ企業の個別メンターとして技術サポートを行なう予定となっている。このように、プログラム参加者はより充実した環境で開発を行なうことができるようになる。

 gumiは今後、「Microsoft BizSpark」の活用により、VR/AR/MR分野におけるスタートアップの支援事業を強化、世界を目指す革新的なプロダクトやサービスを創出していくとのことだ。