ネット証券会社比較
2017年6月5日公開(2017年6月5日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
久保田正伸

【むさし証券のおすすめポイントを解説】
現物株・信用取引とも業界トップクラスの低コスト!
注文機能も強化され、IPO投資では穴場的な証券会社

 むさし証券は、ここ最近、アグレッシブに手数料引き下げや新サービスの提供を行っている注目の証券会社のひとつ。規模は小さいながら、大手証券にはない魅力がある。

 ただ残念なのは、SBI証券や楽天証券のような大手ネット証券に比べると、今ひとつ知名度が低いことだ。売買手数料の低さなどでむさし証券が気になりながらも、「あまり名前を聞かない証券会社だけど、大丈夫かな?」「評判はどうなんだろう?」と心配になっている人もいるのではないだろうか。

 そこで今回は、むさし証券の概要と4つのおすすめポイントを解説していこう。

◆むさし証券⇒詳細情報ページへ
売買手数料(1約定ごと、税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円
75円 175円 175円 44本
【おすすめポイント】
2016年11月の改定により、株式の売買手数料が業界最安値水準まで引き下げられ、一躍トップへ! 現物株取引だけでなく、信用取引もお得感がある。信用取引は制度・一般信用とも取り扱うが、買方金利が飛び抜けて低く、大手ネット証券の大口割引よりも低金利で取引が可能だ。ネットサービス「トレジャーネット」では、株式、先物・オプオション、投資信託の取引が可能。リアルタイム投資情報「T-NAVI」やスマホ対応など、取引環境も徐々に充実している。
【関連記事】
◆【証券会社比較】むさし証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」まで、まとめて紹介!
むさし証券の公式サイトはこちら

むさし証券ってどんな証券会社?

【証券会社おすすめ比較】むさし証券の公式サイトはこちら

 むさし証券は、埼玉県さいたま市に本社を持ち、創業は大正8年、2019年にはなんと創業100年を迎えるという老舗証券会社だ。

 もともとは、千代田証券と山文証券が合併してそしあす証券になり、その後、武蔵証券と合併したことで、むさし証券が誕生。その後さらに、のぞみ証券、三栄証券とも合併し、現在に至っている。ちなみに、前述の大正8年創業というのは、山文証券のことだ。

 老舗証券会社と聞くと古臭い、旧態依然としたイメージを持つかもしれないが、それは大きな間違いだ。 むさし証券は、現在、東京・埼玉を中心とした地域密着型の対面営業を基本戦略としているが、インターネット取引も「トレジャーネット」の名前で力を入れている。特に2016年以降、ネット取引への注力により魅力が増している。

 そんなむさし証券のおすすめポイントは次の4つ。

【むさし証券のおすすめポイント】
(1)売買手数料の引き下げでトップクラスの安さに
(2)制度信用取引・一般信用取引ともに格安
(3)自動売買機能の使い勝手が大幅にアップ
(4)IPOの取扱実績が多く、ライバルが少ない
(番外)むさし証券の弱点は?

 ひとつずつ紹介していこう。

【おすすめポイント1】
2016年に大幅値下げを断行!
売買手数料がトップクラスの安さに!

 むさし証券のインターネット取引「トレジャーボックス」の売買手数料は、一約定ごとの手数料プラン「トレジャースタンダード」と、1日定額制の手数料プラン「トレジャーボックス」の2タイプ。

 このうち「トレジャースタンダード」の売買手数料が、2016年の11月21日より、業界最安値水準まで引き下げられた。値下げ幅は下の表の通りだ。

■1約定ごとの売買手数料を大幅値下げ!
1注文の約定金額 売買手数料(税抜) 値下げ率
値下げ前 値下げ後
10万円まで 220円 75円 ー65.9%
10万円超~20万円 95円 ー56.8%
20万円超~50万円 175円 ー20.5%
50万円超~100万円 440円 320円 ー27.3%
100万円超~150万円 380円 ー13.6%
150万円超~300万円 440円 0.0%
300万円超~600万円 880円 750円 ー14.8%
600万円超~900万円 1320円 1320円 0.0%
900万円超~1200万円 1760円 1760円 0.0%
1200万円超~1500万円 2200円 2200円 0.0%
1500万円超~1800万円 2640円 2640円 0.0%
1800万円超~2100万円 3080円 3080円 0.0%
2100万円超~3億円 3520円 3520円 0.0%
※品受・品渡(現引・現渡)の場合は手数料は必要ありません。

 売買手数料は、1注文ごとの約定金額が低いほど大幅に引き下げられているのがわかる。約定金額が10万円までの場合は、従来の220円(税抜)が75円(税抜)と、なんと65.9%も安くなった。資金の少ない個人投資家にとっては、非常にありがたい話だ。

 むさし証券の売買手数料がいかに安いのか、約定金額10万円、30万円、50万円で他社の売買手数料と比較してみよう。下の比較表では、大手ネット証券も含め、1約定ごとの売買手数料が安い上位5社までを掲載した。6位以下の証券会社や最新の売買手数料を知りたい人は、表下に貼ったリンク先を参照して欲しい。

■ネット証券の現物株売買手数料ランキング
(1約定ごとプラン・2017年5月24日時点)
順位 証券会社 約定代金(税抜)
10万円 30万円 50万円
1位 むさし証券 75円 175円 175円
2位 ライブスター証券 80円 180円 180円
3位 立花証券 100円 225円 325円
4位 GMOクリック証券 88円 241円 241円
5位 カブドットコム証券 90円 250円 250円
※ランキングは、約定30万円での順位

※詳細な売買手数料ランキングはこちら⇒ネット証券を現物株手数料で比較!

 比較表を見ると、現物株では、一般的に低価格で知られるライブスター証券やGMOクリック証券よりも、むさし証券の売買手数料がさらに安いことがわかる。ちなみに、大手ネット証券で上位5社にランクインしているのは、カブドットコム証券のみだ。

 この比較表には1約定ごとの金額が50万円までのケースしか掲載していないので、それ以上高額の場合の売買手数料は、表下のリンク先を見て欲しい。約定金額が低いときだけ売買手数料が安い証券会社もあるが、むさし証券の場合、約定金額が100万円、200万円、300万円の場合でもランキング1位となっている。

 一方、信用取引の売買手数料だが、むさし証券は、現物株・信用取引にかかわらず同じ手数料体系が適用されており、その点でもわかりやすくて使い勝手が良い。そして信用取引の売買手数料でも、むさし証券は業界最低水準となっている。

■ネット証券の信用取引売買手数料ランキング
(1約定ごとプラン・2017年5月24日時点)
順位 証券会社 約定代金
10万円 30万円 50万円
1位 SMBC日興証券 0円 0円 0円
2位 ライブスター証券 80円 80円 80円
3位 GMOクリック証券 93円 93円 93円
4位 むさし証券 75円 175円 175円
4位 立花証券 175円 175円 175円
※ランキングは、約定30万円での順位

※詳細な売買手数料ランキングはこちら⇒ネット証券を信用取引コストで比較!

 なお、信用取引のコストを考えるときは、次で解説する金利も併せてチェックしよう。

【おすすめポイント2】
制度信用取引・一般信用取引ともに格安!
大手ネット証券の大口利用者向け優待金利よりもお得

 信用取引を行うと、売買手数料の他に金利が発生する。トレードを頻繁に行っている人や大口取引を行う人にとっては、チェックすべき重要な取引コストだ。

 主要証券会社の制度信用取引と一般信用取引における買方金利を比較したのが、下のグラフだ。大手ネット証券では、大口利用者を対象に優遇金利を適用する場合があるので、下のグラフではそちらも一緒に比較している。

 むさし証券は、制度信用・一般信用ともに、最低水準の低金利となっている。大手ネット証券の優遇金利と比較しても、まだまだ安いのがわかる。

 試しに、SBI証券の優遇金利とむさし証券の通常金利で、制度信用取引の金利コストがどれくらい違うのか、シミュレーションしてみよう。

 SBI証券の優遇金利は、1カ月間の新規建約定代金合計額が5億円以上で適用される。1カ月が22営業日として5億円以上利用するため、毎日の買建ての合計約定金額を2300万円とする。この条件で、「1日あたりの金利相当額」と「1カ月=22営業日の金利相当額」を計算すると以下のようになる。

■制度信用取引の買方金利の比較 (2017年5月24日時点)
証券会社 買方金利 1日あたりの金利相当額
(1カ月あたりの金利相当額)
むさし証券 1.35% 850円
(1万8700円)
SBI証券(優遇金利) 2.28% 1436円
(3万1592円)
※1カ月=22営業日、1日の買建の合計約定金額を2300万円として試算。

 金利のコスト差は、1日で約600円弱、1カ月で約1万3000円弱となった。

 こうやって試算してみると、むさし証券に比べSBI証券の金利がだいぶ高く見えるが、そもそも上のグラフに登場している証券会社は他社に比べても金利水準が低い証券会社を抜き出している。その他の証券会社を利用すれば、さらに金利が高くつく場合も多いだろう。

 特に大口取引者にとっては、低金利は取引手数料以上に証券会社選びの重要なポイントになるので、十分に検討しよう。

 なお、表に入っていない証券会社の買い方金利や、売り方にかかる貸株料など、信用取引のコストを詳細に比較したい人は、こちらの関連記事を参考にして欲しい。

【関連記事】
おすすめ証券会社比較 】ネット証券を信用取引コストで比較!

【おすすめポイント3】
より複雑な注文に対応する「IFDONE」が追加され
自動売買機能の使い勝手が大幅にアップ!

 2016年11月に行われた売買手数料の大幅値下げに続き、2017年1月から取引機能もアップした。単に手数料が安くなっただけでなく、自動売買機能が追加され、取引のしさすさも向上したのだ。

 自動売買機能は、日中会社にいるためリアルタイムで相場を見られないサラリーマンなどにとって、なくてはならない機能と言えるだろう。

 従来から利用できた「逆指値」注文に加えて、新たに追加された機能が「IFDONE」注文だ。

■むさし証券で利用できる自動売買機能
IFDONE 【New!】 買い注文が約定したら、その株に対する売り(信用取引では返済)注文を自動発注
逆指値 現在値より高くなったら買い、安くなったら売り

 例えば、ある銘柄の株価が950円のとき、1000円で買い指値し、約定したら利食いのために1050円に売り指値注文が出す。IFDONE注文だと、この2段階の注文を一度に設定できるのだ。

 IFDONE注文では、逆指値も利用可能だ。ある銘柄の株価が950円のとき、1000円で買い指値するまでは一緒だが、その後約定したら、損切りのために950円で逆指値を自動発注することもできる。逆指値は設定価格に達するまで注文が出ない。予想外に下落した時に注文が出て、損切りとなるのだ。

 このIFDONE注文を利用すれば、「指値で買った銘柄が、知らないうちに値上がりして利食いのタイミングを逸した」とか「仕事中で株価をチェックしていなかったら、いつの間にか約定した株が暴落し、大損してしまった」なんて悲劇を避けることができるのだ。

【おすすめポイント4】
IPO株の取扱実績が多いのに
口座数は多くないのでライバルが少ない

むさし証券は、IPO(新規公開株式)の取扱実績が、2015年が13社、2016年が9社とけっこう多い。

■むさし証券のIPO取扱実績数
IPO取扱実績数
2016年(平成28年) 9社
2015年(平成27年) 13社
2014年(平成26年) 5社

 主幹事を務めるような大手証券会社では、割当株数が多いものの、その分競争率も高い。その点むさし証券の場合、口座数がそれほど多くないためライバルが少なく、競争率も低いと言える。取扱実績がけっこうあることからも、IPO投資をしたい人にとっては要チェックの穴場証券会社なのだ。

 ちなみに、むさし証券におけるIPO株の振り分けでは、配分予定量の10%以上が抽選に回される。これは取引実績や資産高などを一切考慮しない完全抽選なので、資金量の少ない個人投資家にとっても公平に当選チャンスがあるということだ。

むさし証券「トレジャーネット」の弱点は、
取引機能や取引ツール?

 むさし証券の弱点は、ずばり取引機能や取引ツールだ。1カ月に数回程度取引するようなスイングトレーダーにとっては十分な機能を備えているが、頻繁に売買を繰り返すデイトレーダーにとっては物足りないと感じる部分もあるだろう。

 前に書いた通り2017年1月に自動売買機能が向上したものの、まだ機能追加の余地が残っている。OCO(指値と逆指値の同時発注)や、IFDONE+OCO(売却時・返済時にOCOで発注する)などだ。

 また、手数料が安くなったことから、頻繁にトレードをする人にとっては、板発注も備えて欲しい機能だ。トレード機能も充実すれば、利用したい証券会社候補の筆頭に躍り出るだろう。

【まとめ】
取引コスト面ではすでにトップクラス
今後のサービス・機能の向上にも期待できる

 従来、むさし証券は、大手証券会社と比べると、現物・信用取引ともに比較的低コストな証券会社ではあったが、大手ネット証券の値下げや激安証券の登場により、存在感が薄れていた。しかし、2016年末に劇的な値下げを敢行したことで、今では手数料の値下げ競争において頭ひとつ飛び抜けた存在となった。また、信用取引に関しては、従来からトップクラスの低金利で評判だった。低コストを追求する上で、証券会社選びの筆頭候補に躍り出たと言える。

 取引機能については「もう一歩」の感があるものの、最近、情報ツール「T-NAVI」は、板情報の拡大やニュース本数の増加など、機能アップが見られる。今後、発注機能、自動売買機能も備えた本格的なトレードツールへの進化を望みたい。

 むさし証券は、大手ネット証券に比べるとたしかにネームバリューが低いが、メリットが多く、実は「知る人ぞ知るお得な証券会社」と言える。今後のサービス向上にも期待が持てるため、証券会社選びの際、検討する価値は十分にあるだろう。

◆むさし証券⇒詳細情報ページへ
売買手数料(1約定ごと、税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円
75円 175円 175円 44本
【おすすめポイント】
2016年11月の改定により、株式の売買手数料が業界最安値水準まで引き下げられ、一躍トップへ! 現物株取引だけでなく、信用取引もお得感がある。信用取引は制度・一般信用とも取り扱うが、買方金利が飛び抜けて低く、大手ネット証券の大口割引よりも低金利で取引が可能だ。ネットサービス「トレジャーネット」では、株式、先物・オプオション、投資信託の取引が可能。リアルタイム投資情報「T-NAVI」やスマホ対応など、取引環境も徐々に充実している。
【関連記事】
◆【証券会社比較】むさし証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」まで、まとめて紹介!
●●●●証券の公式サイトはこちら
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2017年10月4日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 191本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2455本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・楽天証券の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 1017本
【おすすめポイント】
三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。逆指値やトレーリングストップなど自動売買機能に力を入れており、リスクを抑えつつ利益追求が目指せるため、日中に値動きを見られないサラリーマン投資家にピッタリ! 一方、板発注機能装備のトレードツール「kabuステーション」は、その日盛り上がりそうな銘柄を予測する「リアルタイム株価予測」を備え、デイトレードに便利。手数料無料の「フリーETF」も魅力。投資信託の積立は最低500円からできるので、投資初心者にもおすすめだ。
【関連記事】
◆【カブドットコム証券のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準!9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券より割当のある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託 外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 241円 241円 399円/日 62本
(CFD)
【おすすめポイント】
売買手数料の安さはネット証券でも最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引ができ、この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFD、FXも活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆【GMOクリック証券のおすすめポイントは?】コストが激安な上にツール、投資情報も充実、5大ネット証券に次ぐ大手ネット証券に成長!
◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1062本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。新規口座を開設すると、申し込み翌月末まで、現物株の買付手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施中。2017年10月31日(火)まで。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
139円 272円 270円 429円/日 2514本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。2017年9月より、1日定額制プランだと、1日10万円まで売買手数料が0円に! 手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2000本超でダントツ。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、2016年7月の値下げにより手数料が最低5ドルから取引可能になった。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2016年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、10度目の1位を獲得
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】売買手数料ランキング(1約定ごと)・SBI証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。

手数料の安さ、外国株や投資信託の豊富さに加え、
口座開設すれば利用できる「日経テレコン」で
日経新聞の無料購読も可能!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!楽天証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! NISAの手数料が最安! 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
マネックスの口座開設はこちら!
マネックス証券
日本株も海外株もNISAの手数料が無料
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 NISAの手数料の安さがピカイチで商品も充実!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で資産倍増計画![2018年版]】
1億円に早く近づく厳選56銘柄を公開
億超え投資家資産倍増の極意
・今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
プロが提言! 2018年に日本株を買うべき理由! 
・変化の追い風を先読み! 新デフレ&新興国株
・好業績&割安! 上方修正期待株&成長割安株
・第4次産業革命! 独自技術を持つ部品株
新iPhone上がる株 25
利回りが大幅アップ!「長期優遇あり」の優待株
・今買うべき新興国株投資信託ベスト25
ネット証券のサービスを徹底比較! 
・怖いのは死亡・入院だけじゃない!
「働けない」を 助ける保険! 
iDeCo個人型確定拠出年金老後貧乏脱出!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング