ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

上司をマネジメントする
彼らの成果を上げることが部下の成果のカギを握る

上田惇生
【第249回】 2011年7月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
1680円(税込)

 「現実は企業ドラマとは違う。部下が無能な上司を倒し、乗り越えて地位を得るなどということは起こらない。上司が昇進できなければ、部下はその上司の後ろで立ち往生するだけである」(『プロフェッショナルの原点』)

 ドラッカーは、いかにして機能する社会をつくり、組織に成果を上げさせ、一人ひとりの人間に自己実現させるかについて考えた。すべて社会的存在としての人間の幸せのためである。そのドラッカーが、上司のマネジメントの仕方を教える。

 なぜと問うならば、あなたが上司に成果を上げさせることが、組織に成果を上げさせ、全人類の福祉に貢献させるからだと答える。

 上司にいかに対処するかに悩まない者はいない。大勢の人が教えてもらいたがっている。

 ドラッカーの答えは簡単である。仕事で成果を上げている者ならば、皆知っていることだという。上司の強みを生かすことである。

 それは、部下自身が成果を上げるカギでもあるという。「昇進していく上司の部下になることが、成果をあげるためのベストの方法である」。

 しかし、念には念を入れなければならない。上司が成果を上げるためには、何が役に立ち、何が邪魔になっているのかを直接本人に聞かなければならない。

 もっとも、上司を改造し、経営学の教科書に書いてある理想的上司のモデルに仕立て上げようなどと考えてはならない。あるがままの上司が、個性ある人間として存分に仕事ができるようにすることが部下たる者の務めである。

 もう一つ務めがある。上司を不意打ちから守ることである。「ビジネスの世界に、うれしい不意打ちはなく、責任のあることについて不意打ちされることは、恥をかかされ、傷つけられることになる」からである。

 「上司をマネジメントすることが重要であることを認識している者があまりに少ない。困ったことには、上司をマネジメントできることを知っている者もあまりいない。上司についてこぼしはしても、彼らをマネジメントしようと試みる者はさらにいない。しかし、上司のマネジメントはかなり容易である。部下のマネジメントよりもはるかに容易である」(『プロフェッショナルの原点』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧