ERATOのトゥルーワイヤレスイヤフォン「Rio3」。e☆イヤホン価格1万670円の低価格モデルながら、IPX5準拠の防水性能を持つスポーツモデル。14.2mmの大口径ドライバーで低域の音圧アップを狙い、内蔵バッテリーだけで6時間の連続再生を実現するなど、かなりの個性派だ。

1万円の完全ワイヤレスイヤフォン「Rio3」の大きさはアリかなしか

 メーカーのERATOは、2015年に設立されたカリフォルニアの新興企業で、トゥルーワイヤレスイヤフォンだけをラインナップ。Rio3は同社のエントリーモデルに当たる。Bluetooth 4.2に対応し、内蔵マイクでヘッドセットとしても使える。カラーバリエーションは、ブラック、スペースグレー、チェリーレッド、ターコイズ、ライトグリーンの5色。

デカさはバッテリー容量ゆえ

 写真を見ておわかりのとおり、Rio3はデカい。幅34×奥行き46×高さ51mmというディメンションに、片側14gという重さ。しかし、あえて小型軽量を狙わないことで、いくつかのメリットを生んでいる。先に挙げたバッテリーの持ち時間、そして音だ。

 ドライバーユニットを包含するイヤフォンのエンクロージャー部分は、箱型の筐体から生えたような形。ここに14.2mmの大口径ドライバーが入っている。一般的な有線型のイヤフォンでも、ダイナミック型ドライバーの口径は9mmから13mm程度なので、それよりちょっと大きい。

1万円の完全ワイヤレスイヤフォン「Rio3」の大きさはアリかなしか

 箱型の筐体には、Bluetooth関連のチップなどを載せた基板と、バッテリーが入っている。容量は130mAhで、再生時間は6時間。対して、一般的なトゥルーワイヤレスイヤフォンは50mAh程度で、3時間程度しか持たない。小型のウェアラブルデバイスで一番スペースを取るパーツがバッテリーであることを考えると、このサイズも納得できる。

 トゥルーワイヤレスイヤフォンと言えば、バッテリー内蔵ケースがお約束のようについてくるが、Rio3にはない。本体のバッテリー容量が大きいので、バッテリー内蔵ケースで継ぎ足し充電しなくても、一日は十分に使っていられるからだ。

 他機種だと「バッテリーケースと一緒に使えば、最大×時間の再生が可能」という宣伝文句も見かけるが、ケースに入れて充電している間は使えない。だから“連続して”6時間使えるというところにはRio3の意味がある。

1万円の完全ワイヤレスイヤフォン「Rio3」の大きさはアリかなしか
Rio3の付属品は3サイズのイヤーピース、充電用USBケーブル、キャリングポーチ、各種マニュアル類。充電用のバッテリー内蔵ケースはない

 Rio3は、付属の二股式USBケーブル経由で充電する。もしモバイル環境で充電が必要なら、一般的なモバイルバッテリーで対応できるからこの点もまったく問題ない。フルチャージまでには約2時間だ。

1万円の完全ワイヤレスイヤフォン「Rio3」の大きさはアリかなしか
本体側の充電端子はmicroUSB。防水のためのカバー付きなのはいいが、これを開け閉めするのはやや面倒

あくまでスポーツ向けのデザインか?

 筐体は大きく外に飛び出し、かつ重量もあるため、本体を支える大きなイヤーハンガーが必要になる。が、これで耳にしっかり固定されるので、激しい運動をしても外れない。

 コントロール用のボタンも大型で、電源と各種操作ボタンが分かれている。ワンボタン式のマルチファンクションスイッチにならざるを得ない小型の製品より、操作は単純で覚えやすい。

 そして大口径ドライバーの音圧感は、確かにくるものがある。下から突き上げるようなキックの効いた音は、エクササイズ中のモチベーションを上げてくれるだろう。

 さらに防水設計を加えることで、多少大きくてもスポーツタイプとしてなら成り立つだろうという、なかなか筋の通ったデザインだ。

 しかし、スポーツをしない人間が、単純にイヤフォンとして使った場合はどうかというと、バッテリーの持ち時間はメリットだが、やはりこのサイズと形が気になってくる。

 まず当たり前のことだが、大きいから目立つ。動作中は明るい白色LEDが明滅して、これも目立つ。うっかり寝返りをうつと、箱型の筐体の角が当たって、ちょっと痛い思いをする。

 Bluetooth周りの性能も、もう一歩だ。動画再生時の音声ズレは大きく、動画鑑賞には向かない。音像が左右に揺れ動く現象も若干あり、片側チャンネルだけのドロップも起きやすい。

 コーデックは標準のSBCほか、AACとaptXに対応するが、その割に高域にも、遅延にもあまり見るべきところがない。低域の音圧感が高いので、音楽のみを鑑賞しようという場合は、少々バランスが悪い。

 やはりスポーツ用であり、気分を上げるためのイヤフォンなのだろう。ジムで使う場合は、いくら小型でも外れやすいものや、防水が不完全なものはダメだ。

 そうしたメリットとデメリットをよく理解した上で選びたい機種だが、もうすぐ1万円を切りそうな価格設定も、大いに魅力的だ。価格に対する性能としては妥当なところで、大きさが許せるか否か。問題はそこだけ。悩もう。

 レビューした機種はe☆イヤホン各店舗で試聴できるので、興味がある人は試してほしい。