スマホとしては2年ぶりのフルモデルチェンジとなる、タフネス端末「TORQUE」シリーズの新モデル、「TORQUE G03」がau夏スマホとして発表された。その特別な外観を中心にチェックしていこう。

11
夏スマホの中でも個性的という点では一番の「TORQUE G03」を紹介

 まず気になるのは当然ながらデザイン。原点回帰をテーマとし、これまで以上に頑丈さをアピールする見た目となっている。特に落下時にダメージを受けやすい筐体の四隅については、膨らみを持ったバンパーにより強固に保護されている。

11
リアにはカメラが2つある!?
11
11
落としたときに最初に地面にぶつかることが多い四隅をゴツいバンパーで強化
11
11
しっかり固定された背面カバーを外すと、さらにカバーがあり、その下にバッテリーが。交換ももちろん可能

 またスマホで壊れやすい部分と言えば、ディスプレーのガラス。ガラス自体にも旭硝子の「Dragontrail X」を採用しているが、さらに耐擦傷性の高いコーティングがなされたアクリルスクリーンを組み合わせた「ハイブリッドシールド」によって、割れを防いでいる。このアクリルスクリーンについてはやや傷が付きやすいとのことで、保護シートとの組み合わせがオススメとのこと。

 耐久試験については前モデルと同じく、米国防総省MIL規格準拠のテスト(防水、防塵、耐衝撃、耐氷結、耐振動、塩水耐久、低圧対応、耐日射、温度耐久、防湿)の19項目と、京セラ独自のテスト(耐海水、耐荷重)の2項目をクリア。耐衝撃については落下させる高さを従来の約1.5mから約1.8mに上げたうえでクリアしているという。

トルク
TORQUEシリーズでの人気オプション、カラビナ付きケースは今回ももちろん用意

 本体では前モデルにはあった前面下部のハード型ボタンはなくなった(メインキーはディスプレー表示型に変更)。一方で左側面にはアプリ起動などを割り当てられる「ダイレクトボタン」、右側面にはカメラ用のボタンなどがあり、電源ボタンと一体化された指紋認証センサーも今回搭載された。従来モデルからある手袋を付けた状態でも操作できる「グローブタッチモード」(スリープからの復帰時に手袋か素手かを自動的に感知してモードを切り替える)には改良が加えられ、さらに自然に操作ができるという。

11
11
スピーカー部分のカバーは六角レンチで取り外して、ゴミが入ったときに洗うことが可能。無造作に端末を地面などに置いても大丈夫なように、バンパー状の出っ張りで段差がかなり付いている
11
11
本体下部のカバーの中にあるUSB端子はType-C。指紋センサーも搭載している

 機能面ではカメラが特徴的。メインの1300万画素センサーに加え、135度の広角レンズを持つ200万画素とのデュアルカメラになっており、カメラアプリから標準/広角の切替が可能。また、アクションカメラとしての利用も考えられており、動画撮影中に速度や端末にかかっている重力加速度をオーバーレイ表示するモードが用意されている。

11
11
カメラは2つあって、左上の小さく見える方がメインのカメラ、その横にあるのが広角カメラ。撮影サンプルがデモで用意されていた

 スマホとしての基本スペックは、HD解像度の4.6型液晶、Snapdragon 625(2GHz、オクタコア)、3GBメモリー、32GBストレージ、2940mAhバッテリー、Android 7.1など。カラバリはグリーン、ブラック、ブルーの3色が用意されている。発売は6月下旬以降を予定している。

11
11
ブラック
11
11
ブルー
11
11
通常モデルとは別にスウェーデンのアパレルメーカー「HELLY HANSEN」とのコラボモデルが限定300台で用意される。防水服やヨットレースへのスポンサードなどで知られ、過去には自動車メーカーとコラボモデルを展開したこともあるそうだ