[ワシントン 2日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は2日、トランプ米大統領は地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」離脱を表明したが、米国は今後も温室効果ガスの排出削減の取り組みを続けると述べた。

ティラーソン氏は記者団に対して「米国は温室効果ガスの排出削減で素晴らしい記録があることを皆が認識することが重要だ」と述べ、「それは、パリ協定がなくても行われた。米国が温室効果ガスの排出削減の取り組みを変更することはない」と語った。

ティラーソン氏は、気候変動対策に関する国際交渉の場で、米国の現在の立場を維持するためには、パリ協定に残留すべきだと主張してきた。