ネット銀行比較
2017年6月16日公開(2017年10月24日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

2017年・夏のボーナスはどの銀行で貯金するべきか?
定期預金の金利がメガバンクの30倍以上の銀行も!
~2017年夏・定期預金が高金利な銀行ランキング!~

1

夏のボーナスを貯金するなら、お得な高金利キャンぺーンを狙え!
46銀行・信用金庫の定期預金金利をランキングで発表!

 6~7月といえば、夏のボーナスが支給される時期だ。中には「ボーナスには手を付けずに貯金する」という人もいるだろう。そんな人は、「普通預金」よりも「定期預金」を利用するのがおすすめだ。

 定期預金とは、原則として、お金を預け入れてから一定期間(3カ月や1年など)は引き出せないが、普通預金よりも金利が高く設定されている預金のこと(中途解約は可能だが、その場合は普通預金並みに金利が下がる)。例えば、メガバンクの場合、普通預金金利は0.001%しかないが、定期預金金利は0.01%と、その差は10倍。このように、普通預金よりも定期預金のほうが圧倒的にお得なのだ。

 さらに、ネット銀行や地方銀行などは、メガバンクよりも定期預金金利が大幅に高いうえに、夏のボーナスに合わせた定期預金キャンペーンにより、いつも以上に金利がお得になっている銀行が多数ある。つまり、定期預金に預けるなら銀行選びが重要というわけだ。

 そこで今回は、夏のボーナスはどこの銀行に預ければお得なのか検証するために、「2017年・夏の定期預金金利ランキング」を作成した。メガバンクやネット銀行のほか、地方銀行や信用金庫まで、さまざまな銀行の定期預金金利やキャンペーン情報を調べて、定期預金金利が高い銀行をランキングで紹介する。

 なお、今回のランキングに関しては、預入金額は100万円、預入期間は1年、店舗に行かなくても口座開設、定期預金の申し込みまたは預け入れが可能なものを条件とした。

 それではさっそく、46銀行の定期預金金利をまとめた「2017年・夏の定期預金金利ランキング」を発表しよう!

■メガバンク、ネット銀行、地方銀行、信用金庫なども含めた
 2017年・夏の定期預金金利ランキング!
【1年もの・100万円預入れ時】
 (※店舗に行かなくても口座開設、申し込みができる銀行・口座に限定。オレンジ色はキャンペーン金利。金利は6月5日時点)
順位 銀行名 1年
10万円 100万円
1位 大阪信用金庫
 ※来店不要型だいしん定期「センス」(100万円以上1000万円以下)
0.395%
2位 豊田信用金庫 とよしんインターネット支店
 ※キャンペーン期間は2017年9月30日まで。
  ほほえみ定期預金(50万円以上)、
  総額200億円に達した場合は締め切る可能性あり
0.320%
3位 岡崎信用金庫 おかしんインターネット支店
 ※キャンペーン期間は2017年9月30日まで。
  オカザえもん定期預金(10万円以上)
0.300% 0.300%
4位 愛媛銀行 四国八十八カ所支店
 ※10万円の金利は「四国八十八カ所支店定期預金」
  (1口1万円以上1000万円未満、1人100口まで)
 ※100万円の金利は「100万円限定だんだん定期預金」(1人1口限り)
0.220% 0.300%
5位 静岡銀行 インターネット支店
 ※新規口座開設者限定、キャンペーン期間は2017年7月19日~9月29日まで。
  「ウルトラ金利」(10万円以上)、募集金額300億円に達した時点で終了。
0.250% 0.250%
5位 オリックス銀行
 ※キャンペーン期間は2017年7月31日まで。
   eダイレクト預金(ネット専用、100万円以上)
0.250%
5位 トマト銀行 ももたろう支店
 ※スペシャルきびだんご定期(1万円以上100万円以下)
0.250% 0.250%
5位 香川銀行 セルフうどん支店
 ※超金利トッピング定期(10万円以上100万円以下)
0.250% 0.250%
5位 高知銀行 よさこいおきゃく支店
 ※よさこいおきゃく定期(10万円以上100万円以下)
0.250% 0.250%
5位 尼崎信用金庫 ウル虎支店
 ※ウル虎支店専用定期(1口10万円以上1000万円未満)
0.250% 0.250%
5位 あおぞら銀行 インターネット支店
 ※あおぞらネット定期(50万円以上)
0.250%
12位 島根銀行 インターネットバンキング
 ※インターネット定期預金「ネットプラス」(1万円以上。1年は店頭+0.22%)
0.245% 0.245%
13位 じぶん銀行
 ※キャンペーン期間は2017年6月30日まで。
  BIG付き定期預金(100万円以上100万円単位、100万円につきBIG1口)
0.200%
13位 住信SBIネット銀行
 ※キャンペーン期間は2017年9月3日まで(1000円以上)
0.200% 0.200%
13位 SBJ銀行
 ※100万円上限定期預金<ミリオくん>(1円以上100万円以下)
0.200% 0.200%
13位 清水銀行 清水みなとインターネット支店
 ※インターネット支店専用定期(1万円以上)
0.200% 0.200%
17位 ソニー銀行
 ※キャンペーン期間は2017年8月31日まで(1万円以上)
0.150% 0.150%
18位 関西アーバン銀行 いちょう並木支店
 ※関西アーバンダイレクト定期預金(100万円以上)
0.150%
19位 中京銀行 なごやめし支店
 ※大盛なごやめし定期(1万円以上100万円以下)
0.135% 0.135%
20位 広島銀行 ひろぎんネット支店
 ※新規預入時の金利で店頭+0.1%(1万円以上1000万円以下)
0.125% 0.125%
21位 きらやか銀行 ネットきらやかさくらんぼ支店
 ※キャンペーン期間は2017年6月30日まで、募集総額30億円に達した時点で終了。
  ネットきらきら定期預金(1口30万円以上1000万円未満)
0.110% 0.110%
21位 青森銀行
 ※キャンペーン期間は2018年3月31日まで。
  「つないでネ!ットで定期預金」キャンペーン
  (ネットバンキングで店頭+0.1%、1万円以上)
0.110% 0.110%
21位 東日本銀行 お江戸日本橋支店
 ※1口10万円以上1000万円以内、1人30口まで。
0.110% 0.110%
21位 スルガ銀行 Dバンク支店
 ※100円以上
0.110% 0.110%
21位 伊予銀行 インターネット支店
 ※インターネット支店専用定期(1万円以上・店頭+0.1%)
0.110% 0.110%
21位 播州信用金庫 夢みらい支店
 ※ばんしん夢みらいスーパー定期預金
  (ネットバンキング・テレフォンバンキングで店頭+0.1%、10万円以上1000万円以下)
0.110% 0.110%
21位 荘内銀行 わたしの支店
 ※「わたしの支店」専用定期預金(100万円以上1000万円以下)
0.110%
28位 大和ネクスト銀行
 ※大和証券の口座開設が必要(10万円以上)
0.100% 0.100%
28位 紀陽銀行 インターネット支店
 ※ネット定期(10万円以上)
0.100% 0.100%
28位 秋田銀行 あきぎんこまち支店
 ※あきぎんこまち支店専用定期(1口10万円以上)
0.100% 0.100%
28位 あおぞら銀行
 ※あおぞらダイレクト定期預金(ネットバンキング・50万円以上)
0.100%
28位 鳥取銀行 とっとり砂丘大山支店
 ※らくだ定期(1口100万円、何口でも可)
0.100%
33位 中国銀行 晴れの国支店
 ※キャンペーン期間は2017年8月31日まで。
0.075% 0.075%
34位 山形銀行 インターネット支店
 
ネットバンキング新規借入時の金利(1000万円未満)
0.060% 0.060%
34位 三重銀行 インターネットバンキング
 ※ネットバンキング新規預入時の金利、店頭+0.05%(1000万円未満)
0.060% 0.060%
36位 イオン銀行
 ※1万円以上
0.050% 0.050%
36位 池田泉州銀行 インターネット支店・ダイレクト支店
 ※ダイレクトプラス定期(1万円以上)
0.050% 0.050%
38位 楽天銀行
 ※1000円以上
0.030% 0.030%
38位 東邦銀行 インターネット支店
 ※新規預入時の金利で店頭+0.02%(100円以上)
0.030% 0.030%
40位 ジャパンネット銀行
 ※1万円以上
0.020% 0.020%
40位 セブン銀行
 ※1万円以上
0.020% 0.020%
42位 新生銀行
 ※パワーフレックス円定期預金(1000円以上)
0.010% 0.010%
42位 みずほ銀行 0.010% 0.010%
42位 三井住友銀行 0.010% 0.010%
42位 三菱東京UFJ銀行 0.010% 0.010%
42位 りそな銀行 0.010% 0.010%

 もっともお得なのは、定期預金金利0.395%の「大阪信用金庫」という結果になった。

 前述したように、メガバンクの普通預金金利は0.001%、定期預金金利は0.010%だ。100万円を1年間預けると、普通預金の場合は10円、定期預金の場合は100円しか利子がつかない(それぞれ税引前)。

 一方、「大阪信用金庫」の定期預金金利は0.395%なので、100万円を1年間預けると3950円(税引前)も利子がつく。いかに、定期預金がお得&銀行選びが重要なのか、わかるだろう。

 今回のランキングの上位には地方銀行や信用金庫が名を連ねたが、これらの銀行は、口座開設の申し込みの際に、申し込み用紙や本人確認書類を郵送しなければならないのがネック。さらに、ATMで出金する際や他行あてに振り込む際は、それぞれ手数料がかかる場合が多い。

 しかし、「住信SBIネット銀行」「SBJ銀行」「ソニー銀行」などのネット銀行の場合、本人確認書類の提出は不要で、口座開設の申し込みはすべてインターネット上で完了できる。キャッシュカードは本人限定受取郵便で届くため、その際に運転免許証などの本人確認書類を提示すれば、キャッシュカードを受け取れる。さらに、ほとんどのネット銀行は、主要なコンビニエンスストアのATMを24時間365日利用できる上に、ATM出金手数料や他行あて振込手数料は、最低でも月に数回は無料になるのもメリットだ

 多少の手間は惜しまないという人は、定期預金が高金利の信用金庫や地方銀行を選ぶといいが、手軽に定期預金を始めたいなら、口座開設が簡単なネット銀行がおすすめだ。ここからは、定期預金金利が高く、各手数料がお得なネット銀行を紹介しよう。

「住信SBIネット銀行」は、総合力がピカイチのネット銀行!
定期預金だけではなく、普通預金や各手数料もお得!

 最初に紹介するのは、「住信SBIネット銀行」だ。

 「住信SBIネット銀行」では、2017年6月5日~9月3日の期間限定で、6カ月もの・1年もののそれぞれの定期預金金利が0.20%にアップするキャンペーンを実施中。さらに、2017年6月12日~9月10日の期間限定で、新規口座開設者なら3カ月ものの定期預金金利が0.5%に大幅アップする、お得なキャンペーンも実施中だ。

 「住信SBIネット銀行」は、商品やサービスの利用状況に応じてランクが決まり、そのランクによってATM出金手数料や振込手数料の無料回数が決まる制度「スマートプログラム」を採用している。例えば、最高ランクの「ランク4」は、ATM出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月15回まで無料になる。

 また、「住信SBIネット銀行」は、口座をネット証券最大手の「SBI証券」と連動させることで、普通預金金利が0.001%から0.01%にアップする「ハイブリッド預金」を利用できる。各手数料だけではなく、普通預金や定期預金のそれぞれの金利もお得なので、普段使いのメインバンクとしてもおすすめのネット銀行だ。

 住信SBIネット銀行⇒詳細ページはこちら!
【住信SBIネット銀行のおすすめポイント】
 ●「SBI証券」の証券口座と連動する「ハイブリッド預金」をつくると、普通預金金利が大幅にアップ!
 ●休日でも夜でも24時間365日、無料回数内ならATM出金手数料が0円
 ●他行への振り込みが、最大月15回まで手数料0円
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.01%(※1) 0.20% 0.02% 0.02%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 SBI証券口座保有者の「ハイブリッド預金」適用時。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円 同行あて:無料
他行あて:月1回~15回無料
(※)、以降は142円
 ※「スマートプログラム」のランクによって異なります。

【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!

住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!

住信SBIネット銀行のお申し込みはこちら

「SBJ銀行」は、1年もので0.20%など高金利が魅力!
3年ものや5年ものの定期預金なら、さらに高金利に!

 続いて紹介するのは、ザイ・オンラインの定期預金金利ランキングでも常にトップクラスの高金利を誇る「SBJ銀行」。

 「SBJ銀行」は、金利0.20%の定期預金「ミリオくん(100万円上限定期預金)」のほか、預入期間が1週間の定期預金「なのかちゃん」や解約せずに預金の一部を引き出して使える定期預金「ひきだし君」など、魅力的な商品を多数ラインナップ。さらに、通常の3年もの定期預金は金利0.25%、5年もの定期預金は金利0.30%と、預入期間が長くなるにつれて金利もアップするのも魅力的だ。

 また、「SBJ銀行」のATM出金手数料は最低でも月10回まで無料で、他行あて振込手数料は最低でも月7回まで無料なので、月に何回も振り込みをする人にもおすすめだ。

 SBJ銀行⇒詳細ページはこちら!
【SBJ銀行のおすすめポイント】
 
定期預金の金利がトップレベル!
 ●ATMの出金手数料が24時間365日、何回でも無料!
 ●他行への振込手数料が、月7回~回数無制限で無料!

⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.02% 0.20%(※1) 0.25% 0.30%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月10回~無制限で無料
以降は100円
(※1)
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:
月10回~無制限で無料(※1、※2)、以降は200円
 ※1 「SBJプレミアクラブ」のステータスによって、無料出金回数および無料振込回数は異なる。※2 ジャパンネット銀行あてと楽天銀行あての無料振込回数は月3回まで。

【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!

SBJ銀行のお申し込みはこちら

「ソニー銀行」は、メガバンクに引けを取らない信頼性と
1年もの0.15%の定期預金金利&ATM手数料が魅力!

 次に紹介するのは、2017年6月1日~8月31日までの期間限定で、6カ月もの・1年もの・2年もののそれぞれの定期預金金利が0.15%にアップしている「ソニー銀行」だ。

 「ソニー銀行」は、「ソニー生命」や「ソニー損保」などと同じく、「ソニーフィナンシャルグループ」の一員なので信頼性は高い。日本格付研究所やスタンダード&プアーズなどの信用格付機関による評価では、メガバンクに引けを取らない格付けをされているほどだ。

 さらに、「ソニー銀行」は、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)のATMでは、いつでも何回でも出金手数料が無料になり、ローソンとファミリーマート(E-net)のATMでは、月5回まで出金手数料が無料になるなど、使い勝手も良好だ。

 ソニー銀行⇒詳細ページはこちら!
【ソニー銀行のおすすめポイント】
 ●日本全国で約9万台のATMが利用可能!
 ●セブン-イレブン、ミニストップのATMなら、24時間365日いつでも何回でも手数料無料!
 ●「おまかせ入金サービス」なら、他の銀行から毎月決まった金額を手数料無料で入金可能
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.001% 0.15% 0.02% 0.02%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月4回まで無料、
5回目以降は100円
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:月1回無料
 2回目以降200円

【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!

「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
 
定期預金の利息にかかる20.315%の税金を0円に? 「ソニー銀行・積み立て定期預金」でコツコツ貯蓄&裏ワザで税引き前の利息を100%手に入れよう!

ソニー銀行のお申し込みはこちら

「イオン銀行」、定期預金に引けを取らない普通預金の金利が魅力!
「イオンカードセレクト」の保有者は、普通預金金利が0.1%にアップ!

 最後に紹介するのは「イオン銀行」だ。

 「イオン銀行」の1年もの定期預金の金利は0.05%と、メガバンクよりは5倍も金利が高いが、ランキングの上位の銀行には負けてしまう。しかし、「イオン銀行」の最大の魅力は、定期預金ではなく普通預金にある。

 なぜなら、「イオン銀行」のキャッシュカード機能、クレジットカード機能、電子マネーのWAON機能が一体化した「イオンカードセレクト」を保有すると、普通預金金利が0.02%⇒0.1%に大幅アップするからだ。つまり、「イオン銀行」の普通預金は、メガバンクの定期預金よりも金利が10倍も高いうえに、いつでもお金を引き出せるというメリットがあるのだ。

イオンカードセレクト
還元率 0.5~1%
「イオンカードセレクト」のカードフェイス
発行元 イオンクレジットサービス
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
「イオンカードセレクト」の公式サイトはこちら

 「夏のボーナスは貯金するつもりだけど、必要なときはすぐに使えるようにしたい」という人は、「イオンカードセレクト」を保有して、「イオン銀行」の普通預金に預け入れるといいだろう。もちろん、ボーナスだけではなく、貯蓄用のお金や生活費などをすべて「イオン銀行」に預けておくのもおすすめだ。

 イオン銀行⇒詳細ページはこちら!
【イオン銀行のおすすめポイント】
 ●「イオンカードセレクト」を保有していると、普通預金金利が0.1%に!
 ●ATMの出金手数料が24時間365日、何回でも無料!
 ●イオン銀行ATMは、
全国に5805台(2016年末時点)。イオン、ミニストップ、“まいばすけっと”など、着実に増加中
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.1%(※1) 0.05% 0.10% 0.10%
 ※100万円を預けた場合の2017年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1「イオンカードセレクト」保有者の場合。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
平日8:45~18:00は100円
それ以外は200円
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:200円

【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!

イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!

定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと100倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!

「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介

イオン銀行のお申し込みはこちら

 今回の「2017年・夏の定期預金金利ランキング」を見ればわかる通り、ネット銀行などとメガバンクの間には、数十倍もの金利の差がある。そのため、メガバンクをメイン銀行として使っているからといって、安易にその銀行の定期預金に預けるのはおすすめできない。口座開設など、多少の手間はかかっても、ランキング上位の銀行に預けるようにしよう。

 もちろん、前述したように、ネット銀行なら、地方銀行などよりも口座開設が簡単&スピーディーなのでおすすめだ。中には、期間限定キャンペーンによって金利がお得になっている銀行もあるので、今回のランキングを参考にして、早めに口座を開設しよう!

(データ提供/ストック・リサーチ 大和田智美、記事執筆/ザイ・オンライン編集部)

ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら!  カードローンおすすめ比較 住宅ローンおすすめ比較
 【2017年12月15日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前) 口座開設は
コチラ!
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.10% 0.05% 0.10% 0.10%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!イオン銀行の公式サイトはこちら!
【イオン銀行おすすめポイント】
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」の保有者なら、普通預金がメガバンクの定期預金を超える0.10%に ATM手数料が24時間いつでも何回でも無料となるイオン銀行ATMは、全国のイオン、ミニストップ、まいばすけっとなど、着実に台数が増加中!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと100倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
 ◆新生銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.01% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!新生銀行の公式サイトはこちら!
【新生銀行のおすすめポイント】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料なのが大きな魅力。普通預金金利は低めだが、すぐに使う予定のない資金なら年利0.05%の「2週間満期預金」でかしこく運用。
【関連記事】
【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に
「新生銀行」のメリットは金利と手数料だけじゃない!「Tポイントプログラム」を使えば、少ない預金でも年間1400円以上の“利息”をもらうことが可能に!
「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!
 ◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.15% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!ソニー銀行の公式サイトはこちら!
【ソニー銀行おすすめポイント】
全国約9万台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間いつでも何回でも手数料無料で出金可能。毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利・手数料・メリットは?】約9万台の提携ATMや「おまかせ入金サービス」など利便性を重視して、各種顧客満足度調査で上位に!
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.20% 0.02% 0.02%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら!
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.20% 0.03% 0.20%
編集部おすすめのネット銀行総合ランキング!じぶん銀行の公式サイトはこちら!
【じぶん銀行おすすめポイント】
2016年11月13日から、ステージによってお得な特典を利用できる新サービス「じぶんプラス」がスタート。ステージが上がれば、ATM利用手数料の無料回数が最高で月11回まで、他行あて振込み手数料が最高で月5回までアップ!。また、新規口座開設者限定で、3カ月もの定期預金金利が0.50%に!
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱東京UFJの共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!
※ 100万円を預けた場合の2017年12月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。

 

クレジットカードのおすすめ

すべての提携ATMの利用手数料が24時間365日、
いつでも何回でも無料! さらに銀行を利用すると
TポイントやANAマイルが貯まる⇒関連記事はこちら

新生銀行公式サイトはこちら!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP